川村、前半で4つスコアを伸ばした(撮影:GettyImages)

写真拡大

<ISPSハンダ ワールド・スーパー6・パース 事前情報◇16日◇レイクカリーニャップCC(7,143ヤード・パー72)>
欧州、アジア、オーストラリアの3ツアー共催試合、「ISPSハンダ ワールド・スーパー6・パース」が開幕。日本勢ではマスターズ出場を目指す谷原秀人と、“旅人ゴルファー”川村昌弘の2人が出場している。
米ツアーで公式会見に臨む松山英樹
川村は日本時間の7時40分にインコースからスタート。出だしの10番こそボギーとしたが、11番パー5から連続バーディを奪取。その後も快調に3つスコアを伸ばし、前半で4アンダーをマーク。首位と2打差の暫定3位タイで後半のプレーに入った。
谷原は日本時間の12時40分にスタートする予定。

<ゴルフ情報ALBA.Net>