▽FC岐阜は16日、昨シーズン限りでAC長野パルセイロを退団していたMF山田晃平(28)の加入を発表した。

▽山田はセレッソ大阪の下部組織出身で、野洲高校から大阪経済大学を経てザスパ草津(当時)に入団。その後、メジャーリーグ・サッカーのコロラド・ラピッズへと移籍すると、V・ファーレン長崎を経て長野でプレーしていた。昨シーズンは明治安田生命J3リーグでの出場はなかった。

▽岐阜は山田について「独自のドリブルで攻撃にアクセントをつけることができ、攻撃的なポジションからサイドバックまで、幅広く献身的にプレーできる選手」と特徴を紹介している。山田はクラブを通じてコメントしている。

「FC岐阜に加入するにあたって携わってくれた方、チャンスをくれたFC岐阜には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。チームのために僕の全てをかけます。サポーターの方、岐阜県民のみなさん、最高の1年にしましょう。熱い応援よろしくお願いします」