写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Googleは2月15日(現地時間)、機械学習ライブラリ「TensorFlow」のバージョン1.0をリリースしたことを公式ブログで発表した。OSS(オープンソースソフトウェア)として開発してきたTensorFlowは、機械学習や深層学習、ニューラルネットワーク(神経回路網)ライブラリとして活用され、初公開となる2015年11月以降、多くの注目を集めてきた。

ソースコードはGitHubで公開しており、CPU/GPUを利用するコンパイラー「XLA」やニューラルネットワークライブラリ「Keras」のサポート、Python 3 Dockerイメージの追加など多くの改善が加わっている。その他にもtfdbg(TensorFlowデバッガ)のコマンドラインインターフェース&API、JAVA API(試験的)などもサポートされた。また、Android向けデバイスのデモンストレーションもGitHub上で公開中。不具合の修正や互換性のないAPIも変更しているため、前バージョンを使っている場合はリリースノートで変更点を確認してほしい。

阿久津良和(Cactus)

(阿久津良和)