写真提供:マイナビニュース

写真拡大

STマイクロエレクトロニクス(ST)は、ARM Cortex-M搭載の32bitマイクロコントローラ STM32および8bitマイコン STM8を使った組み込みシステムの開発時に、必要な設計リソースへのパソコンからのアクセスを可能にするMCU Finderを発表した。

パソコン版のMCU Finder(ST-MCU-FINDER-PC)は、モバイル・アプリとして広く使われているST-MCU-FINDERの機能を活用しており、使いやすい製品選択ツールやドキュメントの自動アップデート機能のほか、マイコンの開発コミュニティへのアクセスを提供するもの。MCU Finderの対応OSは、Windows、macOSおよびLinuxプラットフォーム。組み込みシステム開発者は製品に関するデータとツールを含む、マイコンのすべての開発に必要なリソースをデスクトップ上に統合することが可能になり、利便性と効率が向上するということだ。

ユーザは、MCU Finderを使うことで、700品種以上のSTM32マイコン、ならびに125品種以上のSTM8マイコンを検索することができる。検索条件は、STM32が最大54、STM8が最大20となっており、これらの検索条件には、コア、CPU周波数、メモリサイズ、Web価格、パッケージ、I/O数、動作温度範囲、およびタイマ、アナログ、通信機能、グラフィック/サウンド、セキュリティ、コントロール系などのペリフェラルが含まれ、製品の全ての機能を網羅している。開発者は、パソコン版MCU Finderにより、マイコンの選択後に、STM32CubeMX(マイコン初期化コード生成ツール)を直接起動し、即座に開発を開始することが可能となっている。

また、パソコン版MCU Finderは、マイコンを使ったシステム開発に必要なデータおよび技術リソースを迅速にチェックすることができるという。どのマイコンについても、全ての文書をMCU Finderからワンクリックで閲覧可能で、オフライン時のためにダウンロードされる。ドキュメントは自動的に最新バージョンに更新されるため、開発者はオンライン・サーチを繰り返すことなく、常に最も正確な情報を確実に入手することができるようになっている。そのほか、ユーザは、マイコンのWeb価格を即座に調べることができ、オンラインで購入することができるということだ。

なお、STのパソコン版MCU Finderは、同社Webサイトから無料でダウンロードすることができる。

(シマダマヨ)