元T-ARA アルム、ファヨンとのトラブルについて言及「辛かった日、1人で耐えたことも小さな成功」

写真拡大

T-ARAの元メンバーアルムがファヨンとのトラブルについて心境を明かした。

アルムは15日午後、自身のInstagram(写真共有SNS) に「やっと私、改めて見た。辛かった日、誰にも手を差し伸べることができなかったのは、その人はその人なりに大変なことがあることを知っていたためだ」という文章を掲載した。

続けて「それで誰にも文句を言ったり、頼ることができなかったのだ。誰も恨まず、嫌わないためには私だけ考えて1人で耐えて、その試練から学ぶことも必要だ。そしてこの時間も私の人生において必要な時間で、この瞬間に耐えたことも私には小さな成功だから」と自身の心境を打ち明けた。

アルムは2012年、T-ARAに合流して活動したが、2013年に脱退し、MBKエンターテインメントを離れた。現在は俳優マネジメントに所属している。

先日T-ARA出身のファヨンと双子の姉であるヒョヨンがtvN「TAXI」に出演し、T-ARAから脱退したことについて言及したことで過去の事件が議論になった。

“T-ARAいじめ騒動”元メンバーアルム、突然の関心に心境吐露「やっと忘れたのに…これ以上石を投げないで」

T-ARAいじめ騒動…渦中の元メンバーアルムが心境告白「本当にたくさん我慢した」