今秋発売が期待されるiPhone8について、デザインが大幅に刷新され、有機EL(OLED)搭載見込みのモデルは、ベゼルフリーとなってホームボタンが消失する代わりに、ディスプレイ下部に「ファンクションエリア」を搭載すると、KGI証券が新たな予想を発表しました。

実質サイズは4.7インチと同じ、パネルのサイズは5.8インチ

KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が投資家向けに配布したメモによると、次期iPhoneは、これまで通りのTFT液晶を搭載する4.7インチ、5.5インチモデルと、5.15インチOLED搭載モデルの3機種展開です。
 
5.15インチモデルはベゼルフリーで全面ディスプレイのため、全体的なサイズは4.7インチ液晶搭載モデルとほぼ同じ、ディスプレイそのものの大きさは5.8インチとなります。

下部に「ファンクションエリア」搭載

ただし従来のホームボタンが消失し、ディスプレイ下部は「ファンクションエリア」となるため、実際の表示部分のサイズは5.15インチです。
 
気になる「ファンクションエリア」ですが、クオ氏は仮想ボタンのようなものが配置され、一部の機能に簡単にアクセスできるようになるのでは、と推測しています。MacBook ProのTouch Barとよく似た機能が搭載される可能性もあります。
 
クオ氏は触れていませんが、もしかすると度々浮上している「顔認証」のような機能が搭載されるかも知れません。

期待かかるiPhone8

クオ氏はつい先日、iPhone8のOLED搭載モデルは、本体サイズは4.7インチと同等ながら、バッテリー容量は2,700mAhと拡大し、持続時間は約50%向上するとの予測を発表しています。
 
iPhone8のOLEDディスプレイ搭載モデルは、米国での販売価格が1,000ドルを超えると予測されていますが、その売れ行きにはAppleも自信を持っているようで、量産開始時期を6月に前倒し、生産台数も300%増やすと報じられています。
 
また市場の期待も高まっており、Appleの株価も最高値を更新しています。
 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)