写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは2月16日、大和証券がリテール部門の営業員用タブレット端末約5,000台において顔認証システムを構築、2月上旬から順次利用を開始したと発表した。大和証券は、顧客への資産状況の説明や金融商品の紹介などを行うためにタブレット端末を利用しており、今後はノートPCに顔認証を導入するなど利用領域を順次拡大していくという。

顔認証の採用により、営業はタブレット端末の内蔵カメラに顔を向けるだけで瞬時に認証でき、従来のID・パスワードによる認証方法と比べ作業開始までの時間を大幅に短縮することが可能だという。また、なりすましなどの不正利用を防止する。

顔認証はNECの顔認証エンジン「NeoFace」を活用して構築しており、顔認証によるOSや業務アプリケーションへのログインを可能としている。また、顔画像をサーバで一元管理することで、様々な端末・機器での顔認証の利用を可能としている。

大和証券では、将来的には全ての業務端末に顔認証を導入することを視野に入れている。

(丸山篤)