小山昇(Noboru Koyama)  株式会社武蔵野代表取締役社長。1948年山梨県生まれ。日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。2004年からスタートした、3日で108万円の現場研修(=1日36万円の「かばん持ち」)が年々話題となり、現在、70人・1年待ちの人気プログラムとなっている。『1日36万円のかばん持ち』 『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』 『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』 『強い会社の教科書』 (以上、ダイヤモンド社)などベスト&ロングセラー多数。  【ホームページ】http://www.m-keiei.jp/

小池都知事が「夜8時には完全退庁を目指す」、日本電産の永守社長が「2020年までに社員の残業をゼロにする」など、行政も企業も「残業ゼロ」への動きが急加速中!
株式会社武蔵野は、数十年前、「超ブラック企業」だった。それが日本で初めて日本経営品質賞を2度受賞後、残業改革で「超ホワイト企業」に変身した。
たった2年強で平均残業時間「56.9%減」、1.5億円もの人件費を削減しながら「過去最高益」を更新。しかも、2015年度新卒採用の25人は、いまだ誰も辞めていない。
人を大切にしながら、社員の生産性を劇的に上げ、残業を一気に減らし、過去最高益を更新。なぜ、そんな魔法のようなことが可能なのか?
『残業ゼロがすべてを解決する』の著者・小山昇社長に、人材育成のヒントを語ってもらおう。

アウトソーシングの効果

 わが社は、パート・アルバイトを入れると約850名に及ぶ大所帯です。
 でも、経理部門はわずか3名です(社員2名とパート1名)。
 月次決算は、翌日の夕方6時には、PL/BSが出ます。
 総務に至っては、ひとりしかいません。
 経理も総務も、最少人数でできるのは、社員に完璧さを求めていないからです。
 経理や総務に求めるスキルが、他の会社が100とするなら、わが社は「90」の仕事をしてくれればいい。

 では、残りの10はどうするか?
 アウトソーシング(外注)すればいい。

 専門的なことや非生産的な作業は、社内でやらずにアウトソーシングする。
 武蔵野は以前、ISOやPマークの認証取得や運用を自社で行っていましたが、今考えると本当にムダでした。
 担当者をつけてノウハウを覚えても、人事異動で担当者が変わると、またイチからやり直しになるからです。

 ISOやPマークの取得も、手間がかかるわりには、それ自体が利益を生み出すわけではありません。
 これならアウトソーシングしたほうが得と考え、ISO総合研究所に運用代行をお願いした。

人が採れない時代に
人を辞めさせない対策

 私は、何もかも、すべての仕事(作業)を社内でやるべきだとは思っていません。
「効率がいい仕事」「生産的な仕事」だけを社内で行い、それ以外の「効率が悪い仕事」「非生産的な仕事」は、アウトソーシングすればいいと考えています。
 なぜなら、単純で生産性が低い仕事をさせると、従業員が腐って、離職の原因になるからです。

 ムダな仕事が減れば、当然、残業時間も減り、早く帰ることができます。
「人が採れない時代」に大切なのは、人を辞めさせないことです。
 だとすれば、単純作業でもアウトソーシングが正しい。
 社長の仕事は、社員が働きやすいように環境を整えることです。
 小田島組の小田島社長は、残業を減らすために積極的にアウトソーシングを活用中です。

「これまでは、建設現場事務所(建設現場で限られた期間のみ必要とされる事務所)を自社の社員が建てていた。現在は、アウトソーシングです。また、パンフレットやポスターは社内制作でしたが、現在は専属の女性デザイナーにお任せしています」(小田島社長)

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)