写真提供:マイナビニュース

写真拡大

3月3日公開の映画『アサシン クリード』のスペシャルイベントが15日、東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、主演のマイケル・ファスベンダー、日本語版吹き替えを担当した斎藤工が出席した。

全世界でシリーズ累計9,600万本以上の売り上げを記録した大人気ゲームを、独自の視点で映画化した本作。遺伝子操作によりアサシンとして活躍した祖先の記憶を呼び覚まされた男が、歴史に隠された真実に挑む。

昨年10月以来、2度目の来日というファスベンダーは「日本をすごく気に入ってしまいました。日本食はイタリアンと並んで僕の大好きな食事だし、日本のデザインや建築物、人間同士のリスペクトや規律を重んじる姿は最高です。去年来日した時にとても日本が気に入ったので、早く戻りたいという気持ちだったのでまた来日できてうれしいです」とすっかり日本が気に入った様子。主演ながらも初めてプロデューサーとして携わった本作について「6年前にゲーム会社と初めて映画化しようと話をしてから、6年間かかってやっとここに辿り着くことができました。ぜひ楽しんでいただきたい映画です」とアピールした。

イベント途中からは本作の日本語吹き替えを担当した斎藤工も登壇。「TC Candler.com」が毎年発表している"世界で最も美しい顔100人" で1位に輝いたこともあるファスベンダーと初対面して「あまりにも魅力的な笑顔すぎて悩殺されそうですね。たまらないですよ。魅力が何層にもなっていて、魅力のミルフィーユというか、本当に魅力的な人ってこういう人なんだろうなと思います。魅力的すぎて吸いこまれそう。ダイソンより吸引力がありそうですよ」と絶賛すれば、それを受けたファスベンダーは「いい気分ですね。初めてのデートでは良い出だしだと思います。この後お食事でも行きますか?」とご機嫌。続けてMCから「斎藤と共演するならどんな作品に?」という質問にファスベンダーが「『アサシン クリード2』で兄弟役とかどう? 可能性は無限大」と好意的で、斎藤も「こういうのってリップサービスだったりしますが、具体的にどうすれば実現できるか、目の前の仕事を頑張っていこうと思います」と乗り気だった。映画『アサシン クリード』は、3月3日より全国公開。