篠田麻里子さんも大満足!差し入れの喜びはリツイートで倍増する

写真拡大

 今の時代、TwitterやInstagramなどのSNSがあるおかげで、ご飯やスイーツを手作りして一人で楽しんでいた孤独な時間も、SNS投稿することですっかりなくなる時代になりました。そして同時に、さらなる満足感も得られるようになってきています。

 篠田麻里子さんはリンゴをたくさんもらったそうで、アップルパイを2枚も焼いたとか。その後、舞台「バイオハザード ザ エクスペリエンス」の稽古場にその手作りアップルパイを差し入れしたそうです。

 そして、「バイオハザード ザ エクスペリエンス」の公式Twitterアカウントからは、「とても美味しくて、あっという間に無くなってしまいました。ありがとうございました、ごちそうさまでした!」というツイートが。それに返信した篠田さんのつぶやきは、「うふ」と満足げな様子でしたよ。

 こうしたやりとりを第三者に報告ができるのもSNSがあるおかげ。作ったお菓子を報告する以上に、こうして喜んでもらえたことがリツートされるのも、次のやりがいに繋がりますよね。

 一昔前のお菓子作りに比べて二重、三重の喜びが得られるようになっている昨今。あなたもSNSを活用して、もっとお菓子作りを楽しんではどうですか?