もう物理ホームボタンもいらなくなる?

次期iPhone(通称:iPhone 8)で噂されている、物理ホームボタンの撤去。これまでもApple(アップル)は関連特許を取得していますが、今回新たに「ディスプレイから指紋を読み取る特許」を取得したとMacRumorsが伝えています。

現行のiPhoneではホームボタン部分に指紋を読み取るセンサーを設置していますが、この特許は違います。USPTOによると、なんと「microLED」によるセンシング技術で、ディスプレイ上の指紋を読み取るのです。このmicroLEDとは、Appleによって2014年に買収された「LuxVue」が開発していた技術。以前にも「より軽く、薄く、明るく、省電力なディスプレイが実現できる」と期待されていたものです。

特許で説明されているmicroLEDでは、小型の赤外線ライトやセンサーをRGBのLEDと一緒に埋め込みます。この「インタラクティブ・ピクセル(interactive pixel)」と称されている技術は環境光の読み取りや近接センサー、さらにはタッチセンサーとしても利用可能。そして赤外線による反射を利用して指紋を読み取ることができるのです。


20170215npa2.jpg

image: USPTO


iPhone 8ではディスプレイが画面全体に広がるデザインになると噂されていますが、そこで問題になるのが各種センサーの配置。指紋を読み取るホームボタンはもちろん、iPhone前面の近接センサーや環境光センサーなどを別の場所に配置する必要があります。しかし今回の特許なら、ディスプレイに各種センサーを埋め込めるのでAppleは思い通りのデザインのスマートフォンを設計できるはずです。

AppleはSamsung(サムスン)に有機ELパネルを6000万ユニット発注したとも報じられており、この技術がiPhone 8に搭載されるのかは不明です。しかし将来、iPhoneがこの特許で美しい全画面ディスプレイを実現する可能性は、十分ありそうですね!


image: USPTO
source: USPTO, MacRumors, CNET

(塚本直樹)