北朝鮮外務省の代弁人(スポークスマン)は15日、朝鮮中央通信とのインタビューを通して、北朝鮮が12日に行った弾道ミサイル発射を受けて国連安全保障理事会が非難したことに対して「言い掛かりをつけた」と主張した。

スポークスマンは、「共和国の地対地中・長距離戦略弾道ミサイルの試射は、国家の路線である並進路線を貫徹する過程に経ることになる正常な工程の一環だ」と主張。

また、「最高指導者金正恩元帥は、今年の新年の辞で大陸間弾道ロケット試験発射準備が最終段階に入ったと宣言し、その後、われわれは数回にわたって最高指導者が決心する任意の時刻に核戦力高度化の措置が講じられるということを公式に闡明した」と強調した。

さらに、「われわれはわれわれの核実験とロケットの試射に『不法』のレッテルを貼り付けた国連安保理の『決議』自体を認めず、今後も絶対に認めないであろう」「米国の強権に押さえられて主権国家の自衛的権利を問題視した国連安保理の公報文を全面排撃する」と述べた。