メル・ギブソン×アンドリュー・ガーフィールド『ハクソー・リッジ』 (C)Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

写真拡大

第89回アカデミー賞で「作品賞」「監督賞」「主演男優賞」を含む主要6部門にノミネートされているメル・ギブソン監督最新作『ハクソー・リッジ』が、6月24日よりTOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショーされることが発表された。

本作は、俳優としての活躍はもちろん、監督としても『ブレイブハート』(95)でオスカー5部門を獲得したメル・ギブソンが、10年ぶりに監督を務めた胸を貫く衝撃作。主演は、本作の演技で主演男優賞にノミネートされた若手実力派のアンドリュー・ガーフィールドだ。

この2人のタッグによって生み出されたのは、第2次世界大戦下で武器を持たない兵士として、アメリカ史上初となる名誉勲章を受けた兵士デズモンド・ドスの実話。銃を持たずに激戦地<ハクソー・リッジ>に赴き、衛生兵として一晩に75人もの日米の負傷兵を救ったデズモンド。彼の行動がいかに勇気のあるものだったのか…。臨場感あふれるの戦闘シーンを緊迫の映像で再現することで、一人の兵士の強い信念と心の葛藤を浮き彫りになっていく。

■『ハクソー・リッジ』
6月24日(土)より日本公開
(c) Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016