女性からしたら、彼氏にはご飯をごちそうしてもらいたいし、なんでもない日にプレゼントをもらったら嬉しいでしょう。実は、その考え、男性も一緒なんです。今回は、男性心理に見る「モテ女のお金の使い方」について見ていきましょう。

1. 事あるごとにちょっとした贈り物をする



デートの「割り勘問題」がわりとよくネットに出てきます。割り勘にするカップルの割合は、半分よりちょっと少ないくらい……多くのアンケート結果をもとにざっくり言うとこういうことのようです。つまりデートにおいては、かかった費用を男子が多く支払っているケースが多いらしいです。
が、少し多めに払ってくれた男子に、後日安いものでもいいので、「このあいだのお礼ね」などと言いながら、なにかをプレゼントする。これも、男子が言うところの「いい女」なのです。

お金がない場合は……?


たとえ1000円のものであっても、彼氏にプレゼントするお金がない……こういう女子もいるかと思います。であれば、500円のものを贈るといいのではないでしょうか。「プレゼントって金額じゃなくてハートなんだよね」という言い方の真意は、たとえばこういうところにあるのです。

2. たまには彼にごちそうする



最近の若い男子があまり恋愛に積極的ではないのは、お金がないからです……と言い切っていいのかどうか迷い迷い書いていますが、お金があればきっと多くの男子のメンタルは変わってくるはずです。人の気持ちって、お金がある・ないにかなり左右されるからです。

お金が「少しはある」男子は、ちょっと無理して彼女をデートに誘います。そして、デートが終わると金欠になります。で、またちょっと経済的に無理をしてデートに誘います。つまり、多くの男子は、お金のやりくりとかお金がないことから生じるストレスから、年中逃れることができないわけです。そういう男子にときにはごちそうしてあげると、当然「すっげ〜いい女」に思われますよね。

女子が男子におごるって、どうなの?


「女子が男子におごるって、ど〜なのよ?」と思う女子もいるかと思います。「いい女は男子からおごってもらって当然」とか「おごってくれる金額が多ければ多いほど、いい女」だとか……こんなことを思っている女子もいるかと思います。そういう女子は、タイムマシーンに乗って、昭和のバブルの世界に行くといいと思います。

3.「元気がないなら、これで遊んでおいで!」



仕事がうまくいかず落ち込んでいるとき、彼女が彼に1万円を渡して「元気がないなら、このお金で遊んでおいで!」と言った……こんなカップルもいるそうです。
今の言葉で言えば「男前女子ですね」でおしまいかもしれませんが、じつはお金の使い方をよく知っている人じゃないと、こういうことはできないものです。

この方法の真の意味は?


1万円に5万円分働いてもらう……たとえば、こんな意味が隠されています。ふつう1万円は1万円の価値しか持っていません。1万円出して「3万円のファンデーションをください」なんて言う人、いないですよね。でも、人に対して、それも彼氏に対してこんなふうに1万円を使うと、彼は彼女に感謝するだけでなく、「すごくすごく」感謝します。そして、人としてかなり信頼を寄せるようになります。
自分が元気がないときに、彼氏から1万円分の食事をごちそうになったことを思えば、理解できますよね?

いかがでしょうか。
今よりほんの少し多くでいいので、女子も「恋愛の維持費」を出してみては? 男子も男子で経済的に大変な時代です。女子だって大変でしょう。だから、恋愛の維持費を少しばかり女子が支払うことに意味があるのです。お金があるときに支払っても、「お金があるんだから払って当然」と相手に思われておしまいでしょ? そういうお金の使い方って、ある意味では無駄なのです。
(ひとみしょう)