写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイウエアブランド「JINS」を展開するジェイアイエヌは、アシアルが提供するHTML5モバイルアプリ開発プラットフォーム「Monaca」と、センシング・アイウエア「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」との連携アプリ開発を支援する開発キット「JINS MEME SDK for Monaca」を提供することを発表した。

これまでもジェイアイエヌは、JINS MEMEに対応したiOSとAndroidのそれぞれのアプリ開発者向けのアプリケーション開発キット「SDK」を用意していたが、これらを用いてアプリ開発を行うためには、OS毎の専門のプログラミング知識を要していた。

この度、Cordovaを内包したHTML5ハイブリッドアプリ開発プラットフォームである「Monaca」向けのアプリケーション開発キット「JINS MEME SDK for Monaca」をJINSが提供することで、開発者は、「HTML5」や「JavaScript」といったWeb標準言語で、iOS/Androidの両方に対応したJINS MEME向けアプリを開発することが可能となり、Monacaを利用する16万人の開発者やWebエンジニア、WebクリエイターのアイデアがJINS MEMEで実現できるとしている。

なお、「JINS MEME」は3点式眼電位センターと6軸センサー(加速度・ジャイロセンサー)を搭載したセンシング・アイウェア。JINS MEMEで取得されたデータは、Bluetooth接続されたスマートフォンのアプリ上で可視化され、装着者が心を体の情報としてリアルタイムに把握できるようになっている。

(早川厚志)