「あの日、兄貴が灯した光」の一場面 (c)2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.

写真拡大

 韓国の人気アイドルグループ「EXO」のメインボーカルD.O.(ディオ)と 「建築学概論」など大ヒット作に多数出演する実力派俳優チョ・ジョンソクが共演する「兄貴(原題)」が、「あの日、兄貴が灯した光」の邦題で5月から日本公開されることが決定。あわせて、場面写真が公開された。

 「裸足のギボン」のクォン・スギョン監督が「7番房の奇跡」の脚本家ユ・ヨンアとタッグを組んだ本作は、兄弟の絆をテーマにした感動作。試合中の事故で視力を失った韓国代表の柔道選手コ・ドゥヨンは、15年ぶりに詐欺前科10犯の兄コ・ドゥシクと再会。互いに再会を望んでいなかった2人が、憎しみあいながらも、徐々に心を通わせていく様を描き出す。

 「明日へ」「純情」に出演したD.O.は、本作で視力を失い挫折してしまうドゥヨンという難役に挑戦し、絶望的な状況から這い上がっていく人物の繊細な感情を表現。一方、詐欺師として生きてきたドゥシクに扮するジョンソクは、弟の金さえだまし取る人でなしにも関わらず、コミカルでどこか憎めない魅力的なキャラクターを、巧みな演技力でつくりあげている。また、失明したドゥヨンを支える柔道コーチ役を「7番房の奇跡」に出演したパク・シネが演じている。

 公開された場面写真は、ドゥシクがドゥヨンの肩に腕を回して、がっしりと抱き寄せているシーンを切りとった1枚。ひょうきんな表情で遠くを見つめるドゥシクの横で、優しくほほ笑むドゥヨンの温和な表情が印象的なカットだ。

 「あの日、兄貴が灯した光」は、5月から東京・TOHOシネマズ新宿ほか全国順次公開。