“にゃんとも素敵”な「ねこあつめライフ」 (C)2017 Hit-Point/
「映画ねこあつめ」製作委員会

写真拡大

 累計1900万ダウンロードを突破したゲームアプリを伊藤淳史主演で実写映画化する「ねこあつめの家」の予告編が、このほど完成した。伊藤扮する主人公・佐久本勝と猫たちのほのぼのとした日常をとらえている。

 2014年10月に発売され、アメリカのニュース専門放送局「CNN」で取り上げられるほどの人気を博したゲームを、「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」で知られる蔵方政俊監督のメガホンで映画化。スランプ中の小説家・佐久本が、1匹の猫との出会いをきっかけに、片田舎の古民家で、“ねこあつめ”を始める姿を描く。

 予告編は、新作小説が書けず悩んでいた佐久本が、猫との生活を通して、明るさを取り戻していく様子を映し出す。引っ越し早々、庭先でくつろぐ1匹の猫を発見し「ここ、俺んちなんだけど……」と戸惑う佐久本だったが、気づけば家は猫だらけに。佐久本は家のあちこちにおもちゃを置き、猫たちを撮影。夕方には猫を眺めながら晩酌をして、仕事中も隣には猫。担当編集者のミチルに「新しいおもちゃを置くと、新人くんが来てくれたりして!」と嬉しそうに語るなど、“ねこあつめライフ”に夢中になっていく。

 なお、佐久本を癒す猫を演じたのは、CHOYA梅酒「うめほのり」CMなどで知られるシナモンほか、映画・ドラマでキャリアを積んだ“スター猫”たちだ。「ねこあつめの家」は、4月8日から全国公開。