ロードバイクは時速30km以上と50ccバイクの法定速度並みのスピードを出すことができますが、マウンテンバイクで角度45度の砂漠を駆け下り、時速167kmのスピードという世界新記録をたたき出したクレイジーなムービーが公開されています。

World's fastest MTB bike: Max Stockl's V-Max project

http://www.redbull.com/en/bike/stories/1331843662749/max-stockl-worlds-fastest-mtb-bike-v-max-project

Max Stöckl Sets WORLD RECORD Fastest MTB Downhill Speed: 167KPH! - YouTube

すごいスピードでライダーが通り抜けていきました。この道は平面に見えましたが……



実際の角度は45度という急斜面。



カメラを正しい位置に戻してもう一度同じシーンを見ると、マウンテンバイクで下るのがどれほど危険な斜面であるかが想像できます。



そんな危険な挑戦を行うのはマウンテンバイクライダーのMarkus 'Max' Stöcklさん。ワールドカップに出場したこともあるマウンテンバイクチーム「MS-Racing Mondraker」のトップでもあり、20年間以上にわたってマウンテンバイクでどこまで速度を出せるかというチャレンジを続けている男性です。これまでの最速記録は2011年にニカラグア共和国の火山を下ったときの「時速164.95km」とのこと。



準備が済んだStöcklさんはレッドブル特製のヘルメットを装着。安全第一ということで、特殊なスーツとエアバッグも装着しており、どちらかというとスキージャンパーのような装備になっているそうです。Stöcklさんは「時速が1km速くなるごとに、バイクと全身をコントロールするため計り知れないほどの努力が必要になる」と話しています。



今回Stöcklさんが挑むのはチリのアタカマ砂漠。スタート地点の高度は3972メートルです。



ついに危険過ぎるチャレンジがスタートしました。



アクションカメラのGoProがありえない速度でマウンテンバイクが進んで行く様子を記録しており、臨場感抜群です。



走行距離が伸びるほどに速度を上げていき……



エンジン音が聞こえてきてもおかしくないスピードで急斜面を駆け下りていきます。この速度で転倒しないのはまさに、プロのライダーのバランス感覚というほかありません。



スタート地点からゴールまでの距離は650メートル。このルートは決め打ちで上から下に下っているのではなく、事前に8回の練習を重ねて理想的なラインを計算済みとのこと。



ゴールが近くなるにつれ、Stöcklさんの心拍数は169を記録。



ゴール地点に設置されていたスピード計測器の脇を通り過ぎ……



最高速度は前回を抜いて時速167.6kmを記録しました。



チャレンジ後、緊張感からかヘルメットも脱がずに倒れ込むStöcklさん。



しかし、計測に使われていたスピードメーターから数字が出力されると……



世界新記録を達成したことがわかり、Stöcklさんの顔には勝利の笑みが浮かびました。Stöcklさんは「たった20秒間しか走っていませんが、本当に疲れ果てました。今の気持ちを言葉で表現することはできません。いつもより時速10kmか15km速く走るだけで、山頂から下を見下ろした時のようにアドレナリンがドバドバ出ているのを感じるんです」とコメントしています。