会見の様子

写真拡大

“恋ダンス”が社会現象となり、最終回の平均視聴率が20.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)となった『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で“時の人”となった人気女優・新垣結衣にマスコミが殺到した。

 2月6日の六本木。新垣が9年連続でCM出演するアサヒ飲料のブレンド茶「十六茶」の発表会には、100人以上の報道陣が押し寄せ、40人以上のスチールカメラマンが押し合いへし合い、あわや乱闘騒ぎとなる場面もあった。

 限られた撮影スペースを取り合い、カメラマンはフロアにベタ座りして自身の場所を確保しているが、ひな壇になっているわけではないので、後列のカメラマンは“万歳”ポーズで撮るしかなく、そうすると背後のカメラマンが「おい、邪魔だ!」と怒鳴ることに。

 横にずれようとしたカメラマンには「体重かけるなバカ」と押し返す者がいて、ヒジのド突き合い。こうした中で、業を煮やしたスポーツ紙のベテランカメラマンが自前の脚立の上に立って撮影したが、真後ろにいたカメラマンが、これまた抗議。一部では、まるでラグビーのスクラム状態になっていた。真冬なのに、現場だけは明らかに高温。このシリーズの発表に欠かさず来ている記者も「(集まった報道陣は)過去最大の人数では。まさに『逃恥』効果」と話していた。

 フォトセッションでは、新垣の目線の奪い合い。「こっちこっち! 新垣さーん!」の声が重なり、まるで大声コンテストの様相だ。少しでも新垣の気を引こうと「いつも見ていますよ!」と、ファンのごとく叫ぶ年輩カメラマンもいた。当の新垣は、そんな報道陣の殺気立った空気を気にもせず、さわやかなオールホワイトの装いでにこやかに振る舞っていたのだが、イベントが終了して退場しようとすると、これまたカメラマンが「もう少し撮らせて!」「まだ時間あるでしょう」と引き止める始末だった。

 実のところ、これでも報道陣はふるいにかけられていた。場外では「入場できなかった」と肩を落とす雑誌カメラマンの姿もあった。

「イベントの紹介記事しか許されていないので、それ以外の目的と判断された記者やカメラマンは入れてもらえなかったんですよ」(同)

 それも当然。このカメラマンは男性誌の仕事で来ており、こういうイベントで女性タレントが下を向いたときの胸もとやパンチラなどを狙うエロカメラマンだったからだ。そのせいか、会場の受付では「実話誌の取材ではないですよね」と念を押すスタッフもいたのである。規制は入場だけでなく、質問内容にもあったようだ。

 現場にいた記者からは「デビュー当時と今では変わったことは? という質問をしたかったけど、事前にイベントサイドからNGと言われた」とも話していた。

「デビュー当初、彼女は男性誌で水着グラビアをやっていて、ポッキー(菓子)のCMでブレークして清純派女優となっていきましたから、もしかするとグラビア時代は黒歴史なのかも」(同)

 今回の発表会、よくある「集まった記者数の水増し」などもなく、ガチで100人以上の報道陣を集めた新垣。その人気が上がれば上がるほど、さまざまな制約が出てくるのは仕方がないところだ。彼女の姿を報じた各メディアでの写真は、そこを潜り抜けた渾身の一枚でもあるわけだ。
(文=ハイセーヤスダ/NEWSIDER Tokyo)