「パチスロ恵比寿マスカッツ 新機種発表会」に出席した(後列左から)栗山夢衣、安藤あいか、里美ゆりあ、沢辺りおん、(前烈左から)希崎ジェシカ、麻美ゆま、吉沢明歩、西野翔

写真拡大

株式会社EXCITEが「パチスロ恵比寿マスカッツ 新機種発表会」を開催。初代恵比寿マスカッツの吉沢明歩、麻美ゆま、西野翔、希崎ジェシカ、里美ゆりあ、沢辺りおん、安藤あいか、栗山夢衣が出席した。

【写真を見る】2代目リーダー・麻美ゆまの掛け声で「私たち、恵比寿マスカッツで〜す」とあいさつ

この日お披露目されたパチスロ機は、初代恵比寿マスカッツメンバー18人が、この台のために撮り下ろした水着姿などの映像が満載。

一足早く試し打ちしたという西野は、「全部実写映像なのがいいですね。自分たちが映っているのに『かわいい、かわいい』って言いながら打ってました」と明かした。

吉沢は「すごくかわいくてびっくりしました。恵比寿マスカッツのファンの方にも、この台で知っていただく方にも、楽しんでいただけると思う。この台でしか見られない映像が満載なので、興奮していただけること間違いなしです」と色っぽくアピール。

希崎も「パチスロの“気持ちいい”を追及した台ということで、まだ未経験のパチスロ童貞の方にも、楽しんでもらえる機械になっているかな。いろいろな意味でいっぱい出してください」とセクシーにPRした。

撮影は解散から1年ほど経った、今から約3年前に行われた。里美は「お蔵入りだと思っていたから、やっとだなって思った」と待望のリリースに安堵の表情。

麻美は「この時は髪の毛が短くて、病気をして復帰した直後だったんですけど、(撮影に)お声を掛けてくださって、またマスカッツと一緒に集まれたことがうれしくて…。マスカッツの愛で支えられて私はここにいると言っても過言ではない。とにかくたくさん愛が詰まっているので、私たちからの愛をたくさん受け取っていただけたらいいな」と感慨深く語った。

さらに撮影時のエピソードとして、栗山が「番組の時はずっと亀甲縛りで出ていたんですけど、パチスロの撮影は“縄NG”でした。エロ過ぎですかね? 代わりにゴム手袋をかぶって鼻息で割っている映像があります。それを見てスカッとしてください」と、意外な特技を告白。

沢辺は「『バナナ・マンゴー・ハイスクール』を踊ったんですけど、久々でみんなあまり覚えてなかった(笑)」と、安藤は「みんな本当に仲良くて、どこかしらで笑いが起こっている現場でした」とそれぞれ振り返った。

さらに、恵比寿マスカッツからのバレンタインプレゼントとして、新機種発売を記念したキャンペーンがスタート。会場に駆けつけられずVTR出演となった初代リーダー・蒼井そらが、メンバー直筆サイン入り“ツーショット”フォトがもらえる同キャンペーンの詳細を発表した。

最後に、栗山が「今は第2世代が『恵比寿★マスカッツ』として活動していますが、この台は初代のメンバーが18人も出演していて、どこにも見せていない姿がたくさん見られます。さらに私たちのことを好きになってもらって、恵比寿マスカッツのことも好きになってもらえたらうれしいです」とあいさつ。

西野が「この台を見て、マスカッツの現役時代にタイムスリップしたような気持ちになりました。番組を見ていた人にもいろいろな思い出してもらると思いますし、台で私たちのことを知る人にも好きになって応援してもらえると思います」と締めくくった。