プロデューサーいわく「ネイティブ関西弁が必須!」 - 宮川大輔、吉岡里帆
 - (C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

写真拡大

 国民的アニメの劇場版最新作『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』(4月15日公開)のゲスト声優が発表され、お笑いタレントの宮川大輔とドラマ「あさが来た」「カルテット」などに出演している女優・吉岡里帆に決定したことが明らかになった。二人ともアニメ声優は初挑戦。プロデューサーによると、二人の起用背景には“出身”が関係しているという。

 『名探偵コナン』の劇場版第21作となる本作では、西の名探偵・服部平次と彼の幼なじみである遠山和葉を中心に、大阪・京都で百人一首の団体「皐月会」をめぐる爆破事件、そして殺人事件が展開する。宮川は皐月会の会員でカメラマンの関根康史役、吉岡は平次や和葉が通う高校のカルタ部主将の枚本未来子役を担当。カメラマンの関根は爆発事件の際に連絡が取れず第1殺人現場に現れる人物、一方の枚本は和葉をかるた部へ誘った当人で(和葉は幽霊部員になる)和葉や平次らと爆破事件に巻き込まれる人物であり、それぞれ物語に深く関わることを予感させるキャラクターだ。

 実は今回抜てきされた二人は、共に京都生まれ。このことは起用理由の一つになっているそうで、プロデューサーは「今回の劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌』の一番の柱はラブコメですが、どうしても強調されちゃうのが『舞台は関西』です。というわけで出演キャラのネイティブ関西弁が必須! という訳でボクらスタッフが満場一致でかるた競技の凄腕・関根康史という役に名前を出したのが宮川さんです」「今回の劇場版の舞台が関西、というだけでまず京都出身の才媛・吉岡さんのキャスティングはバッチリです。メガネをかけた理知的で努力家という設定ともなれば、小さいころから演劇の世界目指してがんばってきて、昨今女優として華々しい活躍をしている吉岡さんしかないでしょう」と説明した。

 またオファーされた側の宮川は「息子と小学生のおいっ子がコナン君が大好きで、移動中によくDVDを観ているんです。なのでオファーを聞いた時は嬉しい気持ちと、『僕でいいのかな』という不安がありました。でも、関西弁の役ということで少し安心しています」と喜び。原作からのファンだという吉岡は「今回オファーを頂いて、身に余る思いです。劇場版21作目ということでミスは許されないなと崖っぷちにいるような気持ちでいます」と意気込んでいる。(編集部・井本早紀)