骨身を刺すような寒さの中でも、戦闘機は変わらず忙しく稼動していた。海軍航空隊のあるチームが10日、さまざまな機種の戦闘機で昼夜を通して飛行訓練を行った。

写真拡大

骨身を刺すような寒さの中でも、戦闘機は変わらず忙しく稼動していた。海軍航空隊のあるチームが10日、さまざまな機種の戦闘機で昼夜を通して飛行訓練を行った。中国軍網が伝えた。

【その他の写真】

同チームは実戦に近い訓練を行うため、昼夜を通した訓練の度合いや難易度をアップし、どんな天候においても作戦を遂行させる能力の育成を目指す。(提供/人民網日本語版・編集/YK)