ごはんに乗せるだけ、簡単おいしい元気が出る「おくすり飯」の作り方

写真拡大 (全5枚)

風邪をひいたわけではないけど、なんだかだるくて無気力なんて日もあります。そんなときにはしっかり食べて、パワーチャージすることが大切です。
ごはんにのっけるだけ! 究極のズボラ飯

フードコーディネーターで国際中医薬膳師の大友 育美さんの新書「おくすり飯114」(ワニブックス)には、食べるほどに元気になる究極のズボラ飯が114品紹介されています。どれも冷蔵庫に入っている食材で1人分から手軽に作れますし、時間もかからないので忙しい人にもぴったり。おかずをのせるだけなので、お料理が苦手な人でも簡単においしく作ることができます。
体調に合わせて選べる。おくすり飯のレシピ
「体を温める」「デトックス」「消化を助ける」「体をうるおす」「心に効く」など薬膳の効能で8つに分類された「おくすり飯」。今回は、その中から3品をご紹介します。
「エネルギーを補う」おくすり飯
<豆苗の梅オイスター飯>

材料(1膳分)
ごはん:茶碗1膳
豆苗:1/2パック
A
梅肉、オイスターソース:各小さじ1
黒ごま:適宜
作り方
1. 豆苗は根元を切り落とし、長さを3等分に切る。
2. ボウルにAを入れて混ぜ合わせ、1を加えてあえ、ごはんをのせる。
豆苗は新陳代謝が落ちる時期に特にいい食材。オイスターソースはストレス、過労による疲れ回復に。
(「おくすり飯114」P32より)

「巡りをよくする」おくすり飯
<よだれ豚風飯>

材料(1膳分)
ごはん:茶碗1膳
にら:2本
豚切り落とし肉:80g
A
白ごま:小さじ2
しょうゆ、酢、ラー油:各小さじ1
作り方
1. にらは小口切りにしてボウルに入れ、Aと混ぜ合わせる。
2. 鍋に湯を沸かし、豚肉の色が変わるまでゆでてざるにあげる。
3. ごはんに2をのせ、1をかける。
にらと酢は血を巡らせ、老廃物がたまってできる黒にきびを改善。豚肉は肌にうるおいを与えます。美肌のための1膳。
(「おくすり飯114」P42より)

「熱を冷ます」おくすり飯
<アボカドのさっと煮飯>

材料(1膳分)
ごはん:茶碗1膳
アボカド:1/2個
油揚げ:1/2枚
A
しょうゆ(あれば薄口)
みりん:各小さじ1
だし:100ml
作り方
1. アボカドはスプーンで一口大にすくう。油揚げはキッチンペーパーにはさんで油をとり、縦半分に切ってから2cm幅に切る。
2. 鍋に油揚げ、Aを入れて火にかけ、沸騰したらアボカドを加えて火を弱め、2分煮て、ごはんにのせる。
アボカドは熱を冷まし、目の充血、ドライアイ、顔の赤みを改善。油揚げは胃腸の機能を高め、体をうるおす効果があります。
(「おくすり飯114」P94より)

特別な材料や調味料も必要ないのにおいしく出来上がる『おくすり飯114』。食べ終われば、身体も元気になるはず。しっかり食べて、治して、不調知らずを目指したいですね。
[おくすり飯114]