イベントに登場したマイケル・ファスベンダーと斎藤工さん (C) 2016 Twentieth Century Fox and Ubisoft Motion Pictures. All Rights Reserved.

写真拡大

遺伝子操作によって、アサシンとして活躍した祖先の記憶を呼び覚まされた男が、歴史に隠された真実に挑むミステリー・アクション『アサシン クリード』(3月3日日本公開)。記憶をなくした死刑囚カラム・リンチと彼の祖先である伝説のアサシンの2役を演じ、プロデューサーも務めたマイケル・ファスベンダーを迎えてのスペシャルイベントが、東京・六本木のTOHOシネマズで開催された。

映画のPRでの来日は初となるマイケル。会場にはTV20台、スチールカメラ60台の報道陣が駆け付け、人気、実力共にハリウッドのトップスターであることを証明した。満員の観客の熱気に包まれた劇場にマイケルが登場すると、集まったファンからは万雷の拍手と大歓声が上がった。日本のファンからの熱のこもった歓迎にマイケルは「コンニチワ!トウキョウ!」と念願の初来日を実現した喜びを日本語で述べ、集まった観客へ大きく手を振るなど、にこやかにファンへの歓声に応えた。昨年の10月に来日をしたマイケルは「とにかく日本を気に入って、日本食が本当に好きなんだ。早く戻りたいと思っていたよ!」と日本への想いを語った。

観客も歴史の迷宮に潜り込むことが出来る本作について「ゲームには登場しない設定もあり、アニムスは映画で見せるように新しくしているんだ。チャレンジだったよ」と見どころを語り、また生身のアクションに挑戦した撮影についても「パルクールを練習したのは38歳の時だった。大変だったけど、僕にあっているスポーツだと思った」と現場を振り返り、常に挑戦し続ける姿を明かした。

さらにゲストとして、マイケルの吹替え版声優を務めた斎藤工さんも登場!日米注目のスターが肩を並べ、見つめ合う姿に、会場の熱気は最高潮に達した。マイケルと初対面となった斎藤さんは「すごく本当に魅力的。魅力が何層も重なり、まるでミルフィーユのよう…」と“世界で最も美しい顔”と評されるマイケルを間近にし、彼の美しさを興奮気味に語り、対するマイケルも斎藤さんの印象について「初めてのデートでいい出だしだね。このあと食事でもどう?」と笑顔で返した。

あまりの意気投合ぶりに、MCから共演のオファーが受けたら?と聞かれると「兄弟役?それとも『アサシンクリード2』かな?無限の可能性があるよ!」とマイケルが即答すると、斎藤さんも「パルクールを訓練します!」と応じ、ハイタッチを披露!会場から大きな拍手が起こった。

質問の絶えない斎藤さんだが、ここでマイケルよりプレゼントが用意された。作品の中でも大きなカギとなるアイテム“エデンの果実”だ。人の心を操るという強力な力を持つアイテムのプレゼントに、「空前絶後の喜びです!」と斎藤さんは笑顔を見せた。その後のフォトセッションでは当初、報道関係者のみの撮影だったが、観客も写真撮影OKの嬉しいサプライズも用意され、スペシャルイベントは最後まで熱気に包まれ、大歓声の中でイベントを締めくくった。

■『アサシン クリード』
3月3日(金) 3D/2D全国ロードショー!
(C) 2016 Twentieth Century Fox and Ubisoft Motion Pictures. All Rights Reserved.