ポドルスキ、今夏の神戸加入が内定済みか…約3億円でクラブ間合意と報道

写真拡大

 ガラタサライ所属の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、今夏にヴィッセル神戸に加入することが内定していると、トルコ紙『ヒュッリイェト』が14日に報じた。

 ポドルスキの神戸加入が水面下で決まったようだ。噂されていた今冬の移籍は実現しなかったが、神戸はそれでも交渉をやめず、今シーズン終了後に加入することでポドルスキと、そしてクラブ間でも合意に至ったという。移籍金は270万ユーロ(約3億3000万円)、年俸500万ユーロ(約6億円)の3年契約で、今後数日の間に正式サインが行われるようだ。

 なお、神戸は以前、移籍金350万ユーロ(約4億2000万円)のオファーを出したと報じられていたが、ポドルスキが今シーズン終了までガラタサライに残ることに合意したため、今冬の移籍が実現しなかった模様。ガラタサライ側は、2015年に同選手をアーセナルから獲得した際に要した250万ユーロ(約3億円)以上の移籍金を要求しており、結局は270万ユーロで決着となったようだ。