春の肌づくり、大人ニキビにもビタミンAの力を借りよう #ポジティブ栄養学

写真拡大

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! もっと味方につけていきましょう。今回は、美肌のもうひとつの味方、ビタミンAについて。
肌細胞の分化に深く関係。ニキビに悩む人に
春のファッションがちらほら出始めるころ。真っ白なシャツやパステルカラーのニットを見ると、新しい季節が待ち遠しくなります。そんなファッションに似合うのは、軽やかなメイクと、ツヤ感のある素肌。
美しい肌のための栄養というと、筆頭にあがるのがビタミンCですが、じつはビタミンAも大きく関わっています。というのも、肌の細胞が生まれたあと、少しずつ押しあげられて分化し、垢となってはがれ落ちる一連の流れ(ターンオーバー)に深く関係しているからです。ここが乱れると、肌荒れや乾燥など肌コンディションに大きく影響します。
ニキビやニキビ跡に力を発揮してくれるというのも注目したいところ。尊敬する栄養カウンセラーのひとり、定真理子先生も、かつてはひどいニキビに悩んでいたひとりであったそう。現在はすっかり改善し、間近で見せていただいたときも、ひどいニキビ跡があったとは思えないほどで驚いた記憶があります。ビタミンAは、タンパク質とくっついて体内で運ばれるため、無駄なく活用するためにもぜひ一緒に摂りましょう。
バターをたっぷり使ったオムレツでリッチな気分に
ビタミンAの多い食材にはレバーやうなぎ、あゆなどいろいろあります。バターや卵にも豊富なので、たっぷり使ってオムレツにし、朝からリッチな気分を味わうのもいいかもしれません。卵にはタンパク質も多いのもポイントです。
また、にんじんやかぼちゃには、体内でビタミンAに変わるβカロテンが含まれています。炒め物など、油と一緒にとると吸収されやすくなりますよ。
季節の変わり目は体調を崩しやすい時期。ビタミンAは粘膜を守る力もあるあるため、とることで風邪の予防につながるのも、栄養ケアならではのうれしいところです。
image via Shutterstock