rakuten-201702-001
家族やカップルでの顧客獲得を狙う格安SIMの楽天モバイル!

楽天は15日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( http://mobile.rakuten.co.jp )における春の新キャンペーンやサービス拡充を発表する記者説明会を開催しました。

新キャンペーンでは1回線契約すると2回線目が一定期間実質無料となるキャンペーンを行うほか、時間や回数の制限なく国内通話を月額1,980円(税別)の定額料金で利用できる「楽天でんわ かけ放題トライアル by 楽天モバイル」を期間限定で提供します。

2回線目が実質無料となるキャンペーンは2月15日12時00分から5月11日9時59分まで。楽天でんわ かけ放題トライアル by 楽天モバイルは先着100名で2月15日12時00分より申し込み受付を開始し、サービス提供期間は2017年3月1日0時00分から2018年2月28日23時59分までとなっています。

また3日間での通信速度制限の撤廃や人気のSIMフリースマートフォン(スマホ)「honor 8」(Huawei Technologies製)に新色を追加するなど、さまざまな施策が発表された記者説明会の様子を写真とともに解説します。

rakuten-201702-002
説明会場に並べられたさまざまなスマホ……ではなくピザ。なぜピザ?


■何回線でも割引適用!ドミノ・ピザとのコラボ企画も
「ユーザーのみなさまに何かトクになるサービスはできないかと考えている時、1枚注文すると2枚目が無料になる宅配ピザのキャンペーンを見て思いつきました」とプレゼンテーションで切り出したのは楽天執行役員楽天モバイル事業の大尾嘉宏人氏。大きなスクリーンにはドミノ・ピザの「BOGOキャンペーン」が映し出され、この施策と同じように楽天モバイルで1回線契約すると2回線目が実質無料となる施策を発表しました。

具体的には、2017年2月15日から5月11日までのキャンペーン期間中に通話SIMの5GB以上のプランと「楽天でんわ 5分かけ放題 by 楽天モバイル」オプションを申し込むと、2回線目の対象プランの月額基本料が最大1年間無料もしくは割引されるというものです。2回線目は家族や友人による契約のほか、本人による複数回線の申し込みでも適用されます。

キャンペーンでの割引額や適用期間は以下の通りです。

・1回線目で5GBプランを契約した場合 : ベーシックプラン相当分が半年無料
・1回線目で10GBプランを契約した場合 : ベーシックプラン相当分が1年無料
・1回線目で20GBプランを契約した場合 : 5GBプラン相当分が1年無料
・1回線目で30GBプランを契約した場合 : 10GBプラン相当分が1年無料

rakuten-201702-005
新キャンペーンに自信を見せる大尾嘉宏人氏


rakuten-201702-003
ドミノ・ピザから発想するあたりが面白い。コラボキャンペーンもある(詳細は後述)


rakuten-201702-004
楽天モバイル契約者の実に約3分の1が2人同時での申し込みを行っている


また本キャンペーンは3回線目以降にも適用され、その場合は2回線目以降がキャンペーンの適用条件に合っていることが必須となります。キャンペーンや各種プランの詳細などは以下のキャンペーン特設サイトをご覧ください。

楽天モバイル:1人契約するともう1人無料!キャンペーン

rakuten-201702-006
「無料」とは書いているが、実際は割引施策となる


rakuten-201702-011
楽天ポイントのポイントアップキャンペーンも本サービスに適用される


またこのキャンペーンに合わせドミノ・ピザとのコラボキャンペーンも実施。キャンペーンを適用して契約をしたユーザー全員にドミノ・ピザの「お持ち帰り限定 BOGOと併用可能 コカ・コーラ1.5Lプレゼント」クーポンを配信します。

rakuten-201702-007
格安SIMでピザパーティーもお得に


■時間&回数制限なしで電話かけ放題!先着100名限定のトライアル企画
時間や回数制限なしで国内通話がかけ放題となる定額プランの期間限定サービス「楽天でんわ かけ放題トライアル by 楽天モバイル」は5月15日12時00分から受付を開始しており、先着100名となっています。先着順である点や応募数が比較的少ない点については「まずはユーザーニーズがあるかどうか、そこから検証するため」としています。

トライアルでは楽天モバイルに契約して「楽天でんわアプリ」を使って発信を行うか、もしくは音声通話発信時に「003768」を通話番号の先頭に付けることでサービスが適用される仕組みです。申し込みは1人1回限りで申し込みが同時だった場合利用人数が前後する場合があるとのことです。

本サービスの提供期間は2017年3月1日0時00分から2018年2月28日23時59分までとなり、適用される回線は2017年3月5日23時59分時点で開通している一番新しい通話SIMの1回線限りとなります。

データSIMのみを利用している場合やコミコミプランを利用している場合など、適用対象外となる条件も複数あるため、応募の際は以下のキャンペーン特設サイトをご覧ください。

楽天モバイル:楽天でんわ かけ放題トライアル by 楽天モバイル 100名様限定

rakuten-201702-009
仮想移動体通信事業者(MVNO)サービスとしてはかなり挑戦的な施策だ


■3日間通信速度制限撤廃や開通作業自動化など、ユーザーファーストな施策を強化
これまで3.1GBプラン、5GBプラン、10GBプランの3つのプランに適用されていた、直近3日間のデータ通信量が一定の上限を超えると適用されていた通信速度制限が撤廃されます。これによりストリーミング配信動画の視聴やオンラインゲームなど、多くのデータ通信を使う場合でも契約している月々のプラン以下の容量であれば通信速度制限を気にすることなく利用可能となります。

ただしデータ通信によるトラフィックがネットワーク帯域の上限を超える場合など、使用状況によっては通信制限を行う場合があるとのことです。

rakuten-201702-010
10GBプランなどであれば通信速度制限の撤廃にも価値が出てきそうだ


またリアル店舗のさらなる拡充や開通作業の自動化、自宅出張サポートの無料化など、ユーザーがより快適に楽天モバイルを利用するためのサービス強化も発表しました。開通作業の自動化については「ドコモからAPIを提供していただき、直接繋ぐことで実現した。(MVNOの)業界内でも先進的な試みだと思っている」と語り、積極的なサービス強化をこれからも続けていく姿勢を見せました。

rakuten-201702-012
楽天モバイルショップ(リアル店舗)は現在全国に130店舗。直営店は9店舗ある


rakuten-201702-013
開通作業の自動化によりユーザーの負担を減らし作業を効率化するのが狙いだ


rakuten-201702-014
これまで関東圏外で発生していたサービス料金を全て無料とするキャンペーンを実施


■ファーウェイ製スマホ「honor 8」に新色2種追加!
端末では楽天モバイルの主力製品となっているhonor 8にサクラピンクとミッドナイトブラックの2色を追加。従来からのサンライズゴールド、ファイアブルー、パールホワイトの3色と合わせ、全5色展開となります。

スペック面での変更点はなく、色彩情報と陰影情報を別々の素子で撮影し合成することで高品質な写真撮影を可能にするダブルレンズや撮影後に任意の位置にフォーカスを合わせられるハイブリッド・フォーカス、指紋認証センサーの採用などが特徴となっています。

rakuten-201702-015
手前2色が新カラー。左からサクラピンクとミッドナイトブラック


rakuten-201702-016
虎目石(タイガーアイ)のようなシャトヤンシーの輝きを放つ独特な塗装が美しい


■MVNOらしからぬ複雑な料金プランや各種キャンペーンにユーザーはどう反応するか
楽天モバイルは数あるMVNOサービスの中でも比較的契約者数の伸びが高く、MVNOや格安スマホ市場でも常に話題の中心にある印象ですが、今回の施策は派手さよりも堅実にユーザーニーズを掴んできた感があります。

「1人契約するともう1人無料!キャンペーン」ではユーザーの動向や利用実態を精査することでどのような客層が利用しているのかを正しく把握し、低コストを売りとするMVNOが打てる少ないリソースの中で的確な施策を打ち出してきました。

rakuten-201702-019
グループ内でデータ通信量を分け合える「データシェア」も、利用動向を調べたところ同社が想定していたよりも少ない人数での利用が中心だった。この調査結果が今回のキャンペーンに活かされている


一方で、少ないリソースを最大限に活用するためにキャンペーンの内容や適用範囲を細かく規定したため、1回線目の契約内容によって割引が適用される期間が異なる点や、3回線目以降に適用する場合1回線目ではなく2回線目の契約内容がキャンペーンの適用条件となる点など、少々複雑で分かりづらくなってしまったようにも感じられます。

rakuten-201702-008
3回線目にキャンペーンを適用させたい場合、2回線目がベーシックプランだと適用できない。このあたりをユーザーに正しく理解してもらえるかがポイント


rakuten-201702-017
キャンペーン特設サイトでも欄外の注釈や注意事項がずらりと並び、読むだけでもかなり大変だ


楽天モバイルは以前からMVNOサービスらしからぬ多様な料金プランや複数年契約を前提とした割引プランなどを特徴としており、その業態はむしろNTTドコモやauといった大手の移動体通信事業者(MNO)に近いものがあります。施策でも楽天ポイントとの連携など自社の強みを活かした囲い込みを主軸としている印象があり、今回のキャンペーンで家族や友人を取り込む施策を打ち出したことで、同社のこれまでの戦略をさらに推し進める形が明確となりました。

この他にも今回発表された各種施策を見ると、楽天モバイルにとって話題性の強い派手な施策で認知度を上げる段階は終わったように思われます。これからは獲得したユーザーや現在契約を検討している潜在顧客に対し、どこまで魅力的なサービスやキャンペーンを打ち出せるかという段階なのかもしれません。

rakuten-201702-018
冷めたピザ(ありきたりなサービス)では誰も喜ばない。魅力的な商品をどれだけアツアツのうちにユーザーへ届けられるかが鍵になるだろう










■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
楽天モバイル:1人契約するともう1人無料!キャンペーン
楽天モバイル:楽天でんわ かけ放題トライアル by 楽天モバイル 100名様限定
楽天モバイル:安心・お得な格安スマホ(スマートフォン)/格安SIM