名古屋東急ホテル開業30周年記念フェアにて、極上の鉄板料理が用意される

写真拡大

名古屋東急ホテルでは、2017年3月1日(水)から3月31日(金)に、ホテル開業30周年記念フェアとして「レストラン『ロワール』鉄板焼」と東京・銀座の名店「銀座うかい亭」とのコラボレーションフェアを開催する。

【写真を見る】シックで落ち着いた雰囲気の店内は特別な時間を過ごすのにぴったり

同ホテルとともに歴史を歩んできた「レストラン『ロワール』鉄板焼」は、“こだわりの素材、五感を刺激する料理とパフォーマンス”を提供しているレストラン。このレストランがコラボレーションする「銀座うかい亭」は、東京・銀座で最上級の鉄板料理と人の温もりが感じられる“おもてなし”を提供している高級料理店だ。今回のフェアでは、「ロワール」の小早川シェフが自ら選び抜いた黒毛和牛と、「銀座うかい亭」の独創的な鉄板料理が一緒に楽しめる「銀座うかい亭から ディナーコース」(1人 2万1384円、サービス料込)が登場。決して安くはない価格だが、間違いなく高級感あふれる特別な時間を演出してくれるはずなので記念日などにぴったりだ。ソムリエがセレクトした1987年産のヴィンテージワインも用意されるので、この機会に30年間熟成されたワインを、料理とともに味わってみてはいかがだろうか。

また3月22日(水)・23日(木)の2日間には、“シェフの饗宴”と銘打たれた特別賞味会(1人 2万3760円、サービス料込、要予約、時間は要問い合わせ)も開催!「銀座うかい亭」のスペシャリテである“鮑の岩塩蒸し”を名古屋で食すことができるほか、「銀座うかい亭」の食を極めたシェフの卓越した技とパフォーマンスも披露されるので必見だ。

今春は、名古屋東急ホテルで極上の逸品に舌鼓を打とう!【東海ウォーカー/利川果奈子】