ルックスもステータスも悪くないのに、彼氏がちっともできない女友だち。彼氏が欲しいとは思っているようだけど、恋人ができない原因はどうやら、彼女が働くことに命をかけているからかも?
今回はワーカホリックが原因で彼氏ができない女子の特徴をまとめてみました。

常に仕事のことを考えている

一緒に飲みに行ってもしょっちゅうスマホを確認している女友だち。連絡を取っている男の子でもいるのかとたずねると、じつは仕事用のメールボックスを確認しているだけ! 仕事のメールボックスに未読のメールをためるのが嫌なのだとは言っていたけど、そんなに目の前でスマホを確認されるなら、まだ誰かからのドキドキするメッセージをチェックしてくれている方がよい。

親から仕事を抑えて息抜きするようにすすめられている

1週間のうち、1日も休みをとらずに働いていて、友だちと遊びに行ったりデートに出かけたりしている様子もない……。そんな娘を見かねた親から、仕事を抑えてすこしでも息抜きするようにすすめられている。

恋愛ネタのトピックが嫌い

女友だちとみんなで飲みに行くと、やはり話のトピックは現在の恋愛についてだったりするもの。しかしワーカホリックの友人は必死でそのトピックを変えようとする。自分の今携わっているプロジェクトの話や、仕事のできる同僚の話なんかをしてトピックを変えようとするものの、まわりからは煙たがられる結果に。

恋愛ステータスについての質問を嫌う

なんで恋人を作らないの? とか、一生懸命仕事をやることだけが本当に今後あなたのためになるの? とか言われると若干怒りながら、「その質問に答えるより、今月何時間働いたのか答えるほうが簡単かもね」なんて完全にワーカホリックな発言をする。

休日にも仕事のことを考えてそわそわしている

生産的な毎日を過ごすことが大好きなため、休日に家で映画をゆっくり見るなんてことはまったくもってムダな時間のよう。土日なんてほかの会社もお休みなので仕事がそのあいだにたまるということはなさそうなのだけど、本人は休日も仕事のことを考えてそわそわしている。

楽しいお誘いも断る

別に仕事が忙しすぎて参加できないわけでもないし、さっさと仕事を切り上げて参加できるような平日のお誘いも、「むしろ仕事をしていたい」ので断る。仕事をしなければけないというよりも、会社にいて上司が必要とするときにすぐに動けることが重要なのだと主張する。

仕事にアドバイスしてくるような男とは付き合いたくない

一生懸命仕事がんばっていることに対して「働きすぎじゃない? ストレス抱えちゃだめだよ」なんてアドバイスをしてくるような男とは絶対に付き合いたくないと思っている。また、自分の仕事に満足していなくて「仕事に行きたくない」などとぼやいている男も論外。