写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ユニットコムは15日、iiyama PCブランドのビジネスPC「SOLUTION∞」の第7世代Intel Core搭載モデルにおいて、BTOで選択できるオプション項目を強化したと発表した。

対象機種はデスクトップPCミドルタワーPC「bz T」、ミニタワーPC「bz M」、スリムタワーPC「bz S」の3シリーズで、ELSA製グラフィックスカードや、センチュリーマイクロ製メモリの選択が可能になった。

ELSA製カードでは、独自の静音クーラーを搭載した「S.A.C.」シリーズや、静音クーラーに加えて、選別したグラフィックスメモリや、リファレンススペックから電源まわりを強化して安定性を高めた「GLADIAC」シリーズを採用する。