写真提供:マイナビニュース

写真拡大

クリエイティブメディアは15日、ゲーミングオーディオブランド「Sound BlasterX」から、USB/アナログ接続両対応のヘッドセット「Sound BlasterX H7 Tournament Edition」および、アナログ接続の「Sound BlasterX H5 Tournament Edition」を発表した。

前者は2017年3月上旬に販売店限定で発売。価格はオープンで、直販価格は税別12,800円。後者は直販関連ストアで限定販売していたが、3月上旬から一般販売を開始する。価格はオープンで、直販価格は税別10,800円。

○Sound BlasterX H7 Tournament Edition

ベースの「Sound BlasterX H7」は2016年2月に発表され、「Sound BlasterX H」シリーズの上位モデルとなる。PCなどと接続するmicroUSB端子や、アナログ接続用の3.5mm4極ミニ端子を搭載。Windows PCとUSB接続すると、96kHz/24bitのハイレゾ音源を出力でき、7.1chバーチャルサラウンド再生にも対応する。

Tournament Editionでは、ベースモデルと同様、USB接続および4極アナログ(CTIA仕様)接続に対応。従来機能に加え、サウンド面で新たにカスタムチューニングを施した大型50mmのFullSpectrumドライバを採用し、高音質かつ低音を効果的に出力可能。また、再設計により改良を加えたノイズ低減タイプのマイクを搭載し、クリアな音声伝送を実現したという。

また、デザイン面ではシンプルなブランドロゴをあしらったメタルイヤーカッププレートを備え、イヤーブラケットとマッチする新デザインを採用した。

ヘッドホンの主な仕様は、再生周波数帯域が20Hz〜20kHz、インピーダンスが32Ω、音圧感度が118dB。ケーブルに、ボリュームダイヤル、マイクミュートスイッチ、音楽再生・電話応答用ボタンが付いたリモコンを搭載している。重量は約364g(着脱式マイク、USBケーブル、4極アナログケーブル含む)。

○Sound BlasterX H5 Tournament Edition

Sound BlasterX H5 Tournament Editionは、「Sound BlasterX H5」をベースに、H7と同じく新デザインや50mm FullSpectrumドライバを新採用したアナログ接続モデル。ヘッドホンの主な仕様は、上位のH7と同等。重量は約338g(着脱式マイク、USBケーブル、4極アナログケーブル含む)。