エッチというのは言わば、お互いの気持ちが本能のまま最高潮になっている瞬間です。

ただ、その高まった気持ちは不安定な積み木のように、配慮の欠けた言動一つで、一瞬で崩れ落ちることもあります。

特に、昔の男を感じさせる言動があれば、男は駄々をこねる子供のように、手が付けられなくなることも。

そこで今回は、男がベッドで彼女の“昔の男”を感じる瞬間をご紹介。言動の配慮が欠けている女性は、ぜひチェックして下さいね。

 

■褒めるつもりが…褒め言葉の危険な落とし穴

「すごい」、「おっきい」、「こんなの初めて」など、男が喜びそうな言葉ですよね。

多くのコラムでも、男が喜ぶと紹介しているものが多いですが、実は、本気で好きな女性の口からは別に聞きたくない言葉でもあるのです。

本気で好きだからこそ、言われた言葉を素直に受け止められず、「誰と比べているのか?」と、ひねくれた感情が込み上げてきます。

褒めるつもりではなく、正直な感想だった場合でも、捉えようによっては比べられていると感じることもありますので、言い方やタイミングには気を付けて、誤解を招く褒め言葉はむやみに使わない方が吉ですよ。

 

■だ、誰に仕込まれた?「これが好きなの」&「それはイヤ」

やはり、“本気で好きな女性”というのがポイントなのですが、まだその彼女に試したことのない体位やプレイを、求められたり、拒まれたりすると、「だ、誰に仕込まれた?」と少し気になってしまいます。

物言わぬ彼女が勇気を振り絞り声に出したのならば、嬉しくも思うのですが、やはり、どこか腑に落ちない心持ちなのです。

それは、喉の奥に何か詰まっているような、かきたいのにかけない足裏を我慢するような、スッキリとしないモヤモヤした気持ちで、そんなやり場のない思いだけが心の奥底に宿ってしまうと、ほんの少しの言動にも敏感に反応し、過剰に“昔の男”が気になって仕方がなくなります。

全く何にも気にしない男の方が多いかもしれませんが、センチメンタルな男は気にすることもあります。

本気で好きな証拠でもあるので、ゆっくり時間をかけ、お互いを理解し合うまで辛抱ですよ。

 

■頑張ったのに…「オプション」てんこ盛りなプレイ

“オプション”でピンとこない女性もいると思いますが、世に言う性風俗店では、無料もしくは有料のオプションなるものが存在するのです。そして、それを知っていようがいまいが、オプションに位置付けられるようなプレイを奉仕してくれると、嬉しい気持ち半分、仕込まれたのかという気持ち半分な心境に男は陥ってしまいます。

たとえ彼女が勉強し、今日初めてチャレンジしたプレイであっても、それを口にしなければ男には伝わりません。

口にすることや調べて勉強したという事実が、恥ずかしく思うかもしれませんが、せっかく彼のために頑張ったのにそんな些細なことで、気持ちが行違っては元も子もありませんよ。

彼が誤解を招きそうなことは、ちゃんと伝える配慮を忘れずに。

 

ほんの少しの配慮で、男の気持ちは天にも地にも昇降します。

諸々、恋愛や男という存在に面倒くささを感じるでしょうが、それはお互いさまであり、それが恋愛というものです。

面倒くさくない相手でお互いに信頼しきっている関係は、よほど相性が良くないと感じ合えません。

でも、配慮を欠かすことのない人というのは、相手から本当に愛されるものです。

愛を育むはずのエッチで、彼の気持ちをそぎ落とすような配慮の欠けた言動がないように注意して下さいね。

【画像】

※  immfocus studio/shutterstock

【関連記事】

※ ゲスすぎる!本当にあった社内不倫エピソード【同僚カップルW不倫編】

※ 男子の「最近いつエッチした?」に対するベストアンサー4つ

※ 血液型別「友達以上恋人未満脱出法」A型の彼は揺さぶりをかけて

※ 彼氏の浮気が発覚…「絶対にやってはいけない」3つのこと

※ もう離れられない♡エッチが上手い男を見極めるコツ4つ

※ クールな彼をデレデレにする「魔性の小悪魔テク」4つ