写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●新たなハイエンドモデル
デロンギ・ジャパンは2月15日、全自動コーヒーマシンの新製品「エレッタ」(ECAM45760B)の記者発表会を行った。エレッタは3月1日発売予定で、希望小売価格は24万円(税別)。同社の全自動コーヒーマシンとして、新たなハイエンドモデルとなる。

今回のエレッタをはじめ、デロンギ製の全自動コーヒー/エスプレッソマシンは、コーヒーの豆や水量の計量から豆挽き、抽出、ゴミ捨てから洗浄までの工程をほぼ一括して行えることが特長。

豆挽きには、コーヒー豆を徐々に細かく切る「コーン(コニカル)式」と呼ばれるグラインダーを採用。別方式の「グラインド式」と呼ばれる臼上タイプのものや、「プロペラ式」と呼ばれるプロペラ型の機構に比べて、粒度が均一化された豆を挽くことができ、摩擦熱による酸化も抑えて高い香りを保てるという。さらに、1杯ずつ豆を挽くため、フレッシュなコーヒーを抽出できる。

新製品のエレッタは、デロンギの全自動コーヒーマシンとして最高峰の位置付けとなるモデル。フルスペックモデルとして2016年に発売された「プリマドンナXS」と双璧をなす。

フルスペック機としての具体的な特徴としては、プリマドンナXS同様の「ラテクレマシステム」が挙げられる。タンクにミルクをセットし、ミルクがもっとも甘くなるとされる60〜65℃の温度を維持しながら、黄金比とされるミルクと泡の比率2:3の理想的なカプチーノを自動で作れる機能。3段階で泡の大きさを変えることも可能だ。

●日本人好みのレギュラーコーヒー「カフェ・ジャポーネ」
フルスペック機としてのもう1つの機能は、「カフェ・ジャポーネ」メニューの搭載。豆を蒸らしながら抽出する上に、2回に分けて挽いた豆を使うことで、ハンドドリップコーヒーのような香り豊かでコクのあるコーヒーを淹れることができる、日本人の好みに合わせたコーヒーで、日本仕様のモデル限定となる機能だ。その他、豆を挽く細かさや量、抽出量、お湯の温度といった細かい調整にも対応する。

プリマドンナXSとの大きな違いは、まずは本体サイズ。195(W)×325(D)×500(D)mmのプリマドンナXSに対して、エレッタは260(W)×360(D)×460(D)mmだ。エレッタはやや幅広で背が高い反面、奥行きが少しコンパクトになっている。

サイズを左右している主な理由の1つが、水タンクの位置。背面に備えるプリマドンナXSに対して、エレッタは前面にあり操作性が向上している。すべての操作を前面から行えるのだ。

また、一度にセットできる豆の容量が370gと、プリマドンナXSの100gよりも4倍近い。水タンクも1.35Lが2Lサイズとなり、豆も水もシリーズで過去最大の容量だ。

●ミルクを使った7種類のカフェメニュー(これがすごい!)
その他、ミルクを使ったカフェメニューが7種類と、シリーズ最大。カプチーノ、カフェラテ、ホットミルク(スチーム、フロス)というプリマドンナXSのメニューに加えて、フラットホワイト、ラテマキアート、エスプレッソマキアート、マイミルクの4メニューが用意されている。

記者発表会では、管理栄養士の安中千絵さんがゲスト講演。コーヒーにまつわる健康効果について解説した。安中さんによると、コーヒー豆に含まれるカフェインやクロロゲン酸、トリゴネリンといった物質による健康効果が、国内外の学術研究や疫学調査で判明してきているそうだ。

「デロンギのコーヒーマシンは、家庭で手軽に新鮮かつ美味しいコーヒーを飲める。多彩なミルクメニューも楽しめるので、日本人に不足しがちなカルシウムやマグネシウムといった栄養素をミルクで補完するメリットもある。コーヒーには、アロマ効果によるリラックスや、集中力を高める効果もあるので、積極的に飲んでほしい」(安中さん)と、毎日のコーヒーを推奨した。

(神野恵美)