キム・ソンオ、チュウォンら所属のファイブラザーズと専属契約を締結

写真拡大

ファイブラザーズ c&mが俳優キム・ソンオを迎え入れた。

15日、ファイブラザーズ c&mのシム・ジョンウン代表は「俳優キム・ソンオがファイブラザーズ c&mと専属契約を締結した」と明かした。

映画「アジョシ」において、特有の狂気溢れる眼差しで注目を浴びた俳優キム・ソンオは「シークレット・ガーデン」ではヒョンビンの秘書役を熱演し、キャラクターの変身と相まって実力派俳優としての存在感を固めた。

その後もキム・ソンオは様々な作品で“信頼できる俳優”という修飾語が似合うほど、滑稽な姿を晒すことを恐れない熱演で、大衆の信頼を得てきた。

特に昨年はKBS 2TVの4部作ドラマ「ベクヒが戻ってきた」で披露した純朴なイメージでお茶の間に感動を与え、「2016 KBS演技大賞−男性連作短幕劇賞」を受賞する快挙を成し遂げた。

これによって、ファイブラザーズ c&mは“信頼できる俳優”という修飾語がよく似合う、実力派俳優たちのラインナップが補強された。

シム・ジョンウン代表は「キム・ソンオの合流により、実力派俳優マネジメントとしての位相をより高めることになった」とし「全面的な支援を惜しまないつもりであるだけに、2017年はキム・ソンオの活躍を楽しみにしてほしい」と伝えた。

ファイブラザーズ c&mはキム・ユンソク、ユ・ヘジン、キム・サンホ、チュ・ジンモ、カン・ジファン、チュウォン、ソ・ヨンヒ、イ・シヨン、ファン・ウスレ、イ・ダヒ、イ・ドンフィ、パク・ヘス、イム・ジヨン、元Secret ソナ、オ・ヨナ、ユ・スンモク、ミン・ジヌンなどの俳優たちが所属している会社であり、マネジメント、ドラマ、映画制作、流通ビジネスなど様々なコンテンツ制作を手がける、総合エンターテインメント社として業界をリードしている。