「三匹のおっさん3〜正義の味方、みたび!!〜」に出演する志賀廣太郎、北大路欣也、泉谷しげる(写真左から)/(C)テレビ東京

写真拡大

「金曜8時のドラマ『三匹のおっさん3〜正義の味方、みたび!!〜』」が、テレビ東京系ほかにて放送中。痛快な勧善懲悪の人情劇として、前シリーズ同様人気を博している。

【写真を見る】泉谷しげるは左拳を突き上げ意気込む

同作は有川浩の小説「三匹のおっさん」を実写化した作品で、還暦を過ぎたキヨ(北大路欣也)、シゲ(泉谷しげる)、ノリ(志賀廣太郎)の幼なじみ3人が私設自警団を結成し町内の悪をぶった斬る、親子三世代で楽しめるホームドラマだ。

シゲは一見こわもてで口が悪いが、本当は気が優しく、ムードメーカーという役どころ。そんな、本人のイメージと重なるようにも見える役を務める泉谷に話を聞いた。

――早くもシリーズ3作目となる人気ぶりですが、いかがですか?

みんなが喜んでくれるのはありがたいですね。単純に笑って泣けるということは、それだけ丁寧に撮ってるということ。ギャグ1個に対しても細かくて、もうちょっと早く撮れよって思うけど(笑)。

――手間暇かけて作られているんですね。

ギャグ1個に対してもうるさいですね。皆さんに分かるようにちゃんと録る。そういうふうに考えればね、労も報われるわけですが。

――痛快なアクションシーンも見どころの一つです。

でも俺は(使う技が)柔道だから、見栄えしないわけですよ。俺柔道できねえし。跳び蹴りとかさせてよって言ってるんですけど。

――他のお二方の戦い方はどう見ていますか?

志賀さんのは電気で格好いいですよね。(北大路)欣也先輩の竹刀も見事で、「ブーン」と音が鳴る。敵じゃなくてよかったと思いますよ。

――現場ではどんなことを楽しみにしていますか?

このドラマは全部ロケなんですよ。だから本当に寒いのに、その寒いのが映らないのが腹立つっていうか(笑)。だから唯一の“火”というか温まりは、欣也先輩とか志賀さんと喋ることですね。子供の頃の話題とか、映画の話題でいつも盛り上がっちゃいます。同時代に生きた3人の楽しい雰囲気を、画面に投影できていればいいですね。