三池監督「キャスティングは“運命”」

写真拡大

 木村拓哉が15日、都内で行われた映画『無限の住人』完成報告会見に出席し、本作へ込めた熱い思いを明かしたほか、メガホンを取った三池崇史監督がキャスティングについて語った。この日は杉咲花、福士蒼汰、市原隼人、戸田恵梨香ら豪華キャストも登壇した。

 本作は、沙村広明の人気コミックを実写映画化したアクション。木村演じる“不死身の侍”万次が両親を殺された少女の復讐を手伝うために用心棒となり、壮絶な戦いに身を投じていく姿が描かれる。

 三池監督の指名をきっかけに、木村の主演が実現したという。三池監督は「最初に話をもらったとき、木村拓哉以外考えられなかった。これだけのキャストが集まると、俳優同士で高まっていくんです。キャスティングは“運命”なんだなって……」と本作のキャスティングに確かな手ごたえを感じている様子。

 100人斬りと称される伝説の剣士・万次を演じた木村は、初めてタッグを組んだ三池監督との仕事について「撮影中、ずっと感動していた。日本映画なのにスタッフ、キャスト、みんなのモチベーションが高くて、海外の現場に参加しているような錯覚をした。みんなのやる気と情熱があふれていた」と三池監督の存在の大きさを絶賛した。

 極寒の京都でのロケや、激しいアクションシーンなど苛酷を極めた撮影現場について木村は、「監督の発想、発案にどこまで近づけるかといつも考えていた。楽しかった。全員が本気でやらせてもらったのでいい現場でした」と苦労もすべて楽しんだことを明かした。不死身の男、独眼、さまざまな武器を使ってのアクションなど、役づくりにおいての困難を乗り越え、木村が鬼気迫る演技で魅せる壮絶シーンの数々に注目だ。(福住佐知子)

映画『無限の住人』は4月29日より全国公開