ブルーのドレスで登場

写真拡大

 2016年の優れたブルーレイ作品を表彰する「第9回DEGジャパン・アワード ブルーレイ大賞」の授賞式が2月15日、都内で行われ、女優の栗山千明がアンバサダーとして登壇した。

 同賞は、映像コンテンツメーカーと映像機器メーカーが加盟する次世代デジタルエンタテインメントの普及団体「デジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパン」(DEGジャパン)が主催するもの。16年に発売されたブルーレイ3955作品(DEGジャパン調べ)の中から、「ベスト高画質賞」「ベスト高音質賞」「ベストレストア/名作リバイバル賞」「ベストBlu-ray 3D賞」「ユーザー大賞」などを選出する。

 グランプリには、SF映画の金字塔シリーズ7作目であり、ベストBlu-ray 3D賞にも輝いた「スター・ウォーズ フォースの覚醒 3Dコレクターズ・エディション」が選ばれた。栗山は「『スター・ウォーズ』の最初の3部作は私が生まれる前ですが、今なおファンを魅了しており常識で計り知れない作品。アンバサダーの特権でブルーレイをいただけるので、家でゆっくり楽しみたい」とほほ笑んだ。自身は「レンタルするより購入することが多い。コレクターとして持っておくことの安心がある。ブルーレイが並んでいるところを見て優越感に浸る」とソフト派の一面を明かしたが、「自分の出演作品は恥ずかしくて何回も見られない……」と顔を赤らめた。

 今回から新設された「ベストUltra HD Blu-ray賞」には、「レヴェナント 蘇えりし者<4K ULTRA HD+2Dブルーレイ 2枚組>」、投票数14026票から選ばれたユーザー大賞は「ラブライブ! μ's Final LoveLive! μ'sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪ Blu-ray Memorial BOX」、レンタルユーザーが選ぶ特別賞には「インデペンデンス・デイ リサージェンス」がそれぞれ輝いた。審査委員長を務めたAV評論家・麻倉怜士氏は「うれしいのは、ブルーレイ(の国内シェア)が51パーセントを超えたこと。これはまだアメリカでも成し遂げていないことです」とブルーレイの躍進に目を細めていた。