写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本IBMは2月15日、デジタル・コンテンツを効果的かつ効率的に管理するコンテンツ管理ソリューションにIBM Watson技術を適用した新製品「IBM Watson Content Hub」の日本語版を同20日から提供開始すると発表した。新製品はクラウド・ベースで提供され、日本IBMのWebサイト上の「マーケットプレイス」内で無料トライアル版も利用が可能になるという。

コンテンツ管理者はコンテンツ管理ソフトウェアに画像や文書などを入力する際、それらが検索されるためのキーとなる「タグ」を複数入力する。適切な用途で効果的に検索され使用されるためには、タグを正しい意味合いで付けることが重要なため、担当者は該当コンテンツを理解している必要があるものの、デジタル・コンテンツ数が増えている状況下ではタグ付け作業にかかる工数が負担になっているという。

新製品では、画像コンテンツに含まれる意味を検出し、場面、対象物、顔のイメージなどを分析して何が起こっている場面なのかを理解するIBM Watson API「Visual Recognition」を活用し、高精度のタグ付けを提案するとしている。

コンテンツ管理担当者が新製品に入力したコンテンツは、コンテンツ・デリバリー・ネットワーク上に配置され、マーケティング担当者やウェブサイト管理者といったコンテンツの利用者は、全世界の拠点からそれらを検索し、そのコンテンツのURL指定することにより、各自が作成もしくは管理しているウェブサイトやモバイルアプリなどの上で利用できるという。

また、クラウド・ベースの従量課金制ソリューションのため、製品に新機能が追加された場合、ユーザーは新しいバージョンの利用が可能。価格体系は3種類で、アセット・ストレージが10GBの「Base」は月額3万3600円〜、25GBの「Standard」は6万7100円〜、50GBの「Plus」は20万1300円〜となる。

(岩井 健太)