パク・シフ、5年連続で日本オリジナルマガジン「ENISHI」を発刊

写真拡大

俳優パク・シフが、5年連続して日本で発売中の自身の専門雑誌「ENISHI 2017」シーズン5を発刊した。

「ENISHI」は日本で定期的に発売されるパク・シフの専門マガジンで、2012年11月に初めて発刊して以降、5年連続で発売されている。「ENISHI」は、パク・シフ1人だけのための定期刊行形式の雑誌だ。

14日、パク・シフの所属事務所HOO FACTORY側によると、これまで多くの韓流スターが専門マガジンを発売してきたが、ただ1人パク・シフだけが5年連続発刊という記録を立てている。特にパク・シフは「ENISHI」を通じて毎シーズン多彩なコンセプトのグラビアを披露しており、ファンへ向けての特別な愛を見せてきた。

これと関連して、「ENISHI 2017」シーズン5に含まれるパク・シフの男性美が盛り込まれた“シフ6点セット”グラビアが視線を集めている。

そうかと思えば、パク・シフは昨年6月「韓流T.O.P」「韓流ぴあ」「ENISHI」「Mnet HP」など、日本の有名韓流マガジン4種類の表紙モデルを務め、変わることのない日本での熱い人気を証明したところだ。低迷している韓流ブームを再び高めさせる韓流スターパク・シフの歩みに注目が集まっている。

HOO FACTORY側は、「パク・シフはプライベートの時間も区別せず、いつもファンから受ける愛にお返しできる方法を模索中だ。昨年『ENISHI』でファンと日本で特別キャンプを開催したように、今年はまた、どんなファンサービスでファンの愛に応えるのか企画している」とし、「今後も続くパク・シフからのプレゼントを待ってほしい」と伝えた。

一方パク・シフはOCNドラマ「名もなき英雄<ヒーロー>」以後、次期作の選定に万全を期しており、近々熟考した作品を通じてテレビドラマ に復帰する予定だ。