パク・ミョンス、映画「パパは娘」に出演…コミカルな“コンビニ店長”役

写真拡大 (全2枚)

映画「パパは娘」(監督:キム・ヒョンヒョプ) が4月の韓国公開を確定した。

「パパは娘」は一夜で父と娘の体が入れ替わり、お互いの私生活はもちろん心まで知るようになるストーリーを描いた映画だ。特に今回の作品は、MBC「無限に挑戦」の「無限に挑戦チャリティーショー」を通じて関心が集まった。「パパは娘」にキャスティングされたパク・ミョンスはコンビニの店長に扮し、リアルなコミカル演技を披露しながら撮影現場で笑いを誘ったという。

映画「マザー」「グッド・バッド・ウィアード」などの有名映画で悪役を演じ、強い印象を残したユン・ジェムン。今回の作品では繊細な感受性を持つ女子高生に変身し、“信頼できる”俳優の顔を見せる。

ドラマ「悪い男」でデビューしたチョン・ソミンは、これまでドラマ「イタズラなKiss」「私たち結婚できるかな?」で清純かつはつらつとしたイメージで活躍してきた。最近放送終了となったKBSウェブドラマ「心の声」でエボン役を演じ、好評を受けた彼女は「パパは娘」で制服姿のおじさんに変身し、“人生キャラクター”の誕生を予告する。

さらにイ・イルファ、シン・グ、イ・ミド、カン・ギヨン、パク・ヒョクグォン、そして4Minute出身のホ・ガユンとTiny-G出身のドヒまで加わり、映画をより豊かにする。