「K-POPスター」出身イ・シウン、有名作曲家がデビューシングルに参加…ユ・ヒヨルの推薦により実現

写真拡大

ユ・ヒヨルが「K-POPスター」出身イ・シウンのデビューのために一肌脱いだ。

15日、HFミュージックカンパニーによると、イ・シウンのデビューシングルにユ・ヒヨルの推薦で作曲家1601が編曲に参加し、完成度を高めた。ユ・ヒヨルはイ・シウンのデビュー曲の感性を最大限に引き上げるために悩み、1601に作業を頼んだという。

作曲家1601は、各種のチャート首位を席巻したチョン・スンファンの「君だったら」を作曲した人物であり、「太陽の末裔」のOST(劇中歌) にも参加し、GUMMYの「You Are My Everything」、LYnの「With You」などの編曲を手がけ、感性をアピールしてきた。

ユ・ヒヨルとイ・シウンはSBSのオーディション番組「K-POPスター5」出演当時、参加者と審査委員として出会い、ユ・ヒヨルはイ・シウンに惜しまないアドバイスをして、実力向上を手助けした。

イ・シウンはチョン・スンファンのフィーチャリング、そして1601の編曲参加など、惜しまない支援をしてくれたユ・ヒヨルに感謝の気持ちを伝えると共に、より一層努力する姿で応えるという覚悟だ。

HFミュージックカンパニーは「近々イ・シウンがデビューシングルを発売し、皆さんのもとを訪れる。乾いた冬の感性をしっとりと潤してくれるイ・シウン流のバラードに、皆さんの高い関心と愛をお願いしたい」と伝えた。