GOT7 ジニョン&ジウ主演映画「降りしきる雪」メイン予告編公開…彼らの隠された真実とは?

写真拡大

映画「降りしきる雪」のメイン予告編が公開された。

「降りしきる雪」は、雪が降らない町に来た少年ミンシクが、心が凍りついた少女イェジュと会う胸の痛むストーリーを描いた映画である。

雪が舞うシーンから始まる予告編は、ミンシク役を引き受けたジニョン(GOT7) の「ごめん」というセリフだけでも泣きそうになる。雪が降らない町−慶尚南道(キョンサンナムド) 固城(コソン) に雪が降り、誰に謝っているのかわからないミンシクの泣きそうな顔が、冒頭から観客の好奇心を刺激する。

村の人々だけでなく学校でも非難されるイェジュに、何の先入観もなく手を差し伸べるミンシクとの暖かい出会いが近づく。しかし、ミンシクとイェジュに隠されたストーリーが一つずつ明らかになり、緊張感はさらに高まる。彼らの真実とは何なのか関心が高まる中、“溶けない世の中”での彼らの出会いは、お互いをどのように慰めるのか期待させる。

また予告編では、見知らぬ町に異邦人のようにやって来た10代の少年ミンシクの心理を、リアルにも繊細な感性で描いたジニョンと、そんなミンシクを介して世間に近づこうとする少女イェジュの感情の変化を、微妙な差まで逃さず演じたジウの安定した演技も垣間見ることができる。

「共同警備区域JSA」「私たちの生涯最高の瞬間」「建築学概論」「カート」などを制作した、完成度の高い作品を多数手掛ける制作会社ミョンフィルムは、将来の韓国映画を先導する真の映画職人を育成しようという趣旨で設立された。ミョンフィルム映画学校による作品「降りしきる雪」は、韓国での公開を3月1日に控えている。