写真提供:マイナビニュース

写真拡大

一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は15日、Adobe Flash Playerの脆弱性に注意を喚起した。脆弱性を悪用したコンテンツをユーザーが開いた場合、Flash Playerが遠隔攻撃で不正終了する恐れがある。

米Adobe Systemsは現地時間2月14日、脆弱性に対処したFlash Player最新版を提供済み。最新版では、システム制御の恐れなど、13件の脆弱性を修正している。影響を受けるFlash Playerは下記のバージョン。JPCERT/CCは速やかな適用を呼びかけている。

・Adobe Flash Player Desktop Runtime 24.0.0.194およびこれ以前(Windows、Mac、Linux)
・Adobe Flash Player Adobe Flash Player for Google Chrome 24.0.0.194およびこれ以前(Windows、Mac、Linux、Chrome OS)
・Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11 24.0.0.194およびこれ以前(Windows 10 and 8.1)

バージョンの確認は「Adobe Flash Player:Version Information」から行える。アップデートを適用するまでの回避策として、JPCERT/CCではブラウザ上でFlashを無効にすることや、Internet Explorerの設定でセキュリティのレベルを「高」にすることを推奨している。