DVD「この山吹色の下着」をリリースしたナイツ塙宣之(左)と土屋伸之(右)を直撃!

写真拡大

昨年の11月に東京・国立演芸場を皮切りに福岡、名古屋、札幌、横浜での5会場で「ナイツ独演会 この山吹色の下着」を行ったナイツ。その独演会の最終公演(横浜にぎわい座)の様子を収めたDVDが、2月15日に発売された。発売前に、塙宣之と土屋伸之にDVDの見どころや二人の漫才によく名前が出てくる内海桂子師匠について語ってもらった。

【写真を見る】独演会のタイトル「この山吹色の下着」は、内海桂子師匠のツイートから引用

――今回の独演会も変わったタイトルですが、これは桂子師匠のTwitterから引用されたそうですが、本当ですか?

塙:はい。桂子師匠のツイートから引用しました。’13年に開催した独演会「主は今来て今帰る。」、’15年の「顎を引いて頑張れ。」、そして昨年と(独演会のタイトルに)師匠のツイートを引用しています。

――師匠のツイートを引用しようと思ったきっかけは何だったんですか?

塙:師匠の言葉って、タイトルっぽく使えそうだと思ったからです。

――引用について、師匠は何かおっしゃっていましたか?

塙:「ふざけんなっ!」と言っていました。

土屋:冗談です(笑)。多分、(引用を)知らないと思います。自分がこの言葉を言ったことも、覚えていないと思います。

――お二人にとって、師匠はどんな存在ですか? 日頃、師匠はお二人の漫才について何か言われますか?

塙:相撲でいうと、稀勢(きせ)の里にとっての鳴門(なると)親方みたいな感じですね。僕らは桂子師匠が(内海)好江師匠とコンビを組んでいた時代を知らなくて、桂子師匠が一人になってからこの世界に入ったんです。浅草の世界に入った時に桂子師匠の一門になったので、(桂子師匠の)ネタが好きとか、師匠のボケに憧れてとかいう理由で入ったわけではないんです。そういう意味では、どちらかというと浅草漫才協会のしきたりなどを教えてもらった師匠という感じですね。「漫才師とはこうあるべきだ」とか、「ちゃんとしたおそろいのスーツを買いなさい」とか、「言葉遣いに気を付けなさい」とか…。僕らのネタは、ほとんど見ていないですね。

土屋:「私はこうしてきたよ」って話はよく聞くので、それはすごく参考にしています。働く姿勢とか、すごいと思いますね。いくつになっても「私を使え!」とか、「私をネタにして!」とか、「私を引っ張り出せ!」とか「舞台に呼んでくれ!」とか…。「どんどん働きたいから、仕事をくれ!」みたいなことを幾つになってもおっしゃいますし、舞台に上がりたいから頼んでもいないのに来て10〜20分しゃべっちゃうくらいネタが好きなので、それはすごいなと思いますね。ネタに関しては、とやかく言わないです。

――お二人がこれまで約17年漫才をされてきて、影響を受けた漫才師はいらっしゃいますか?

塙:カミナリですね(笑)。茨城出身の…。

土屋:多分、それボケだと思います。カミナリってボケです(苦笑)。

――DVDの内容についての話になりますが、前作「ナイツ独演会 顎を引いて頑張れ。」同様、今回も「ヤホー」ネタから始まり全9本のネタを収録されています。一番お薦めのネタはどれですか?

塙:「ピンク」ですね。「ピンク」以外はネタだと思っていないので!

土屋:(笑)

塙:「追悼漫才」は亡くなった人を取り上げているのですが、言い間違えは多めですね。

土屋:お薦めはいっぱいありますけど、「ワンマンナイツ」はDVDで見ると、楽しめるんじゃないですかね。いろいろと。好きな方は巻き戻してみていただくと、また面白いと思います。

――「ヤホー」ネタは’16年に世間を騒がせた有名人をうまく“K”でまとめていましたが、日頃からいろいろなところにアンテナを張り巡らしているのですか?

塙:時事ネタって、もうあるから作るのが楽なんです。だから、時事ネタの切り口次第ってところがありますね。普通にやると爆笑問題さんのようになっちゃうので、「違うボケを考えよう」みたいになると、ああいう共通のアルファベットを見付けるみたいな感じになっちゃいますね。

――「ワンマンナイツ」では、英語で漫才をされていますが、これは初めての試みですか?

塙:数年前の独演会で、英語の漫才を披露したことはあります。でも、日本語と英語を組み合わせている漫才は、この独演会が初めてです。

――まず塙さんが一人で英語でボケネタをやって、その後に土屋さんの一人で日本語でツッコみネタがあり、最後は塙さんが日本語でボケて土屋さんが英語でツッコむ。こうしたスタイルは、個人的にはすごく面白い試みだと思ったのですが、お客さんの反応はいかがでしたか?

土屋:やる前に一番怖かったネタですね。「漫協ラップ(※本編に収録)」よりも怖かった(笑)。「失敗したらどうしよう」っていうのがあって、一番苦労しました。その分、お客さんの受けが良くて安心しました!

――いつも二人で舞台に立たれていますが、一人でやると違いますか?

塙:「Eテレ2355」 (毎週月曜〜木曜夜11:55〜0:00、NHK Eテレ)で「一人ナイツ」というコーナーをやっていて、「ワンマンナイツ」はそのパロディーなんです。あの番組では日本語でやっているんでが、そのまま二人とも日本語でやると同じになっちゃうので、「さらに複雑にしてみて、お客さんの反応はどうかな?」という実験ですね。「英語でボケて、日本語でツッコむとどういうふうになるんだろう」という楽しみもありましたね。寄席ではやらないので、本当に実験でしたね。

土屋:いろいろブラッシュアップしていけば、外国人の前でできる可能性もあるかもしれませんね。浅草に、外国人だけが来る寄席ができるかもしれませんし…。そうなれば、言葉が通じなくても分かる太神楽とか、それこそ師匠たちと紙切りとか、外国人の前でやりたいです。実現したら、演芸界にとっても大きなことですね。

――個人的に「漫才協会ラップ」も好きです。’15年の独演会で塙さんとお兄さん(はなわ)が作詞を手掛けられた「ナイツ15周年記念ソング〜二人で決めた道〜」は感動的でしたが、今回の「漫才協会ラップ」は正反対な感じですね。

塙:こっちの方が泣けるっていう人もいますけどね(笑)。「漫才協会ラップ」は5分くらいでできました。「漫才協会ラップ」はテレビでやりたいですね(笑)。

――発売や配信の予定はあるんですか?

塙:ないと思います。グッズが売れないくらいだからね(苦笑)。今回の独演会で、初めてグッズを作ったんです。売れなかったんですけどね。最終公演では、「山吹色の下着」を2セット用意したんですけど、売れなかったです。やっぱり1万円っていうのが高かったのかなぁ。

――最近、独演会ではよく歌を歌われていますが、歌は得意なんですか?

土屋:得意じゃないですよ(苦笑)。

塙:漫才だけで何もなくてもいいんですが、お客さんがちょっと違う出し物を見て満足してくれるみたいなので、歌を作りました。基本的にネタに動きがないので、毎回歌を入れてもいいかなと。

――動きといえば、自転車やスケートボードなどを使ったネタ「急げ!土屋」もありましたね。かなり斬新でした。

塙:あのくらいダイナミックなのがあると面白いですね。だから、(お客さんに)すごく受けましたもん!

――塙さんは年末の「アメトーーク!」スペシャル(テレビ朝日系)の“運動神経悪い芸人”で「1年でクロールが泳げるように努力した」とおっしゃっていましたが、今年の目標は何ですか?

塙:われわれは2024年の五輪に向けて、いろいろ考えていますね(笑)。

――2020年じゃないんですか!?

塙:2020年は失敗するであろうと思っていますから、それを見据えての2024年です。「2020年はダメでしたね…」みたいなネタをやると思います(笑)。あとは高梨沙羅を狙っています!(笑)。

――随分と先を見据えていらっしゃいますね(笑)。土屋さんはいかがですか?

土屋:独演会の時期になると、毎年寒くなって咳が出るんですよ、ここ3年くらい。独演会とかぶって結構大変だったので、今年は体力をつけたいですね。この前、スーツが入るリュックを買ったんです。今までスーツを運ばなきゃいけないからという理由で車移動をしていたのですが、これからは両手が空くので今年は歩きます。ビックリするくらい意外と重いですけどね(苦笑)。

――それでは、読者の方にDVDのピーアールをお願いします!

塙:DVDのディスクを入れる時の快感ってあると思うんですよ(笑)。最近それをせずに動画サイトで見るバカな奴がいて。やっぱり自分でDVDを買って、パッケージを開けて見るのが美学ですね。これが「山吹色の下着」ですから! そういう意味では、パッケージにも特典映像にもこだわっていますから、ぜひ買ってほしいですね。

土屋:全部お薦めのネタで、一番仕上がっている状態で収録していますので、ぜひ見てください。動画サイトに上がっていたら、削除しますから! 私が厳しく取り締まりますから!!(笑)

先日、「第33回浅草芸能大賞」奨励賞を受賞したナイツ。今後の二人の活躍から目が離せない!