Jリーグマスコット総選挙の30位から39位を発表!ルーキー2名がランクイン

写真拡大 (全3枚)

 Jリーグは15日、Jリーグマスコット総選挙の結果を発表した。今回は30位から39位までが追加公開され、以下の順位となった。
 
30位:コトノちゃん(京都サンガF.C.)
31位:ロアッソくん(ロアッソ熊本)
32位:ゆないくー(鹿児島ユナイテッドFC)
33位:アビーくん(アビスパ福岡)
34位:キングベル祇ぁ幣兎逎戰襯沺璽譟
35位:ファジ丸(ファジアーノ岡山)
36位:ホーリーくん(水戸ホーリーホック)
37位:トッキー(栃木SC)
38位:ブラウゴン(ブラウブリッツ秋田)
39位:名前は公募中(FC琉球)
40位:フリ丸(横浜FC)
41位:ヴェルディ君(東京ヴェルディ)
42位:ライカくん(カターレ富山)
43位:ギラン(ギラヴァンツ北九州)
44位:伊予柑太(愛媛FC)
45位:ミナモ(FC岐阜)
46位:レディア(浦和レッズ)
47位:湯友(ゆうと)(ザスパクサツ群馬)
48位:ガイナマン(ガイナーレ鳥取)
49位:Jリーグキング(Jリーグ)
 
 異彩を放つのが、39位にランクインしたFC琉球の「名前は公募中」だろう。ジンベイザメを模したこのマスコットは、今シーズン誕生。2017年1月11日〜31日まで名前を一般公募していたため、今回のマスコット総選挙には「名前は公募中」でエントリーしたというわけだ。採用されたマスコット名は、今季のホーム開幕戦で発表される予定だという。
 
 また、32位に入った鹿児島ユナイテッドの「ゆないくー」も今回が初の総選挙。昨年に誕生したルーキーながら、LINEスタンプを販売するなど精力的な活動を行なった結果が、32位という順位につながった。
 
 なお、16日は29位から20位まで、17日は19位から4位までが、JリーグTwitterアカウントにて発表。3位から1位は、18日に行なわれるゼロックス杯のハーフタイムに発表される。