ヒュー・ジャックマン

写真拡大

映画『X-MEN』シリーズのウルヴァリン役で大ブレイクし、ミュージカル映画『レ・ミゼラブル』でゴールデン・グローブ賞主演男優賞を受賞した豪俳優ヒュー・ジャックマン。以前にも当サイトで、皮膚ガンの除去手術を受けていたことをお伝えしたが、2月13日(月)、再び鼻に大きなバンドエイドを貼った写真をツイッターに投稿し、細胞がんを除去したことを報告したと、米Peopleなどが報じた。

ヒューが皮膚ガン除去手術を受けるのはこれで6度目。「また基底細胞がんだった。頻繁な診察と素晴らしい医師たちのおかげで、大丈夫だ。傷を覆ってるガーゼがある方が、ひどく見えるけどね。皆、日焼け止めを絶対塗るように!」と日焼け止めの使用を呼びかけている。

実は毎年アメリカでは、約300万人が基底細胞がんと診断されている。病変部位を超えてがん細胞が広がることはほとんどないが、増殖すると外見に影響を及ぼすものだ。「3ヶ月おきに診察に行っているんだよ。もうこれが、日常生活の一部になっているね。医者が言うには、おそらくまた発生するだろうって。でもこんなことが試練だとしたら、私はすごくラッキーな人間だよ」と言及している。

ヒューはまた、2013年11月に鼻の皮膚ガンを除去してもらった際にも、「デブ(ヒューの妻であるデボラーリー)が、"鼻にできてるそれ、病院で診てもらったほうがいいわよ"と言ったんた。いやぁ、彼女は正しかったよ! 基底細胞がんだったんだ。どうか、私のようにならないでほしい。みんな病院でちゃんと診察してもらうんだ。そして、日焼け止めを使うように!!」とInstagramで呼びかけていた。ヒューは日焼け止めの使用を促進し、皮膚ガンから子どもたちを守る団体「Pure Sun Defense」も設立していることで知られている。

今後ヒューは2月10日(金)にベルリン映画祭でプレミア上映をした『X-MEN』シリーズ最新作『ローガン』のプロモーションのため、世界中を飛び回る予定だ。(海外ドラマNAVI)