写真提供:マイナビニュース

写真拡大

キヤノンは15日、Bluetoothでカメラと接続するワイヤレスリモートコントローラー「BR-E1」を発表した。4月上旬より発売する。価格は4,300円(税別)。

対応機種とBluetoothでペアリングすることで、ワイヤレス操作が可能になるリモートコントローラー。静止画撮影、動画撮影、AFによるピント合わせを制御できる。操作範囲はカメラとの距離が全周約5mまでと広く、通信角度を気にせずカメラの後方からでもリモート操作が可能。

使用の際は、あらかじめBluetooth接続する機器同士を登録しておく。2017年2月15日現在、BR-E1に対応する機種は「EOS 9000D」「EOS Kiss X9i」の2機種となっている。

パワーズームアダプターアダプター「PZ-E1」が装着可能なEFレンズの制御にも対応。滑らかな電動ズームをリモート操作で行えるようになる。この機能に対応するレンズは、2017年2月15日現在「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」のみ。

(リアクション)