今までに使用された出演者たちの衣装が展示される/※写真はイメージ

写真拡大

2017年2月18日(土)から3月6日(月)まで、名古屋市中区の名古屋PARCOで「相棒展2017 〜特命係の新人研修『右京の相棒』〜」が開催される。入場料は大人1000円、中・高校生700円、小学生以下無料。

【写真を見る】現在上映中の「相棒-劇場版IV-」の衣装も展示/※写真はイメージ

「相棒展2017」は、現在放送中の「相棒 シーズン15」(メ〜テレ、水曜21:00ほか)はもちろん、2000年のプレシーズンや、2017年2月11日に公開されたばかりの「相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」を含む全編を網羅した展覧会。劇中で描かれた数々の名シーンを振り返りながら、歴代“相棒”の衣装や実際に使用された小道具、美術制作資料などを見ることができるぞ。

また、“体験型展覧会”として音声ガイドでオリジナルのドラマが展開されることも同イベントの大きな特徴。音声ガイドとナビ映像には杉下右京と、現役“相棒”の冠城亘が登場!「相棒」にまつわるスタンプラリー形式の謎解きクイズに挑戦することができる。右京と亘の会話や展示物をヒントに、出題される謎を解いてみよう。

最後に1つだけ。そのほかにも、歴代の「相棒」ポスターになりきれる記念撮影スポットや、「オリジナル紅茶」(1998円)など作品にゆかりのあるグッズがそろう「相棒ショップ」にも注目しよう。

まさに「相棒」づくしの同イベント、公開2日の興行収入でシリーズ史上最高額を叩き出している「相棒 -劇場版IV-」と合わせてチェックしたいですねえ、冠城君。【東海ウォーカー/淺野倫孝】