白シャツにさりげなく。シンプルで強いThe Rowのレタードファッション #NYFW

写真拡大

シンプルであればあるほど、本当に大切なものは際立ちます。

オルセン姉妹が手掛ける「The Row(ザ・ロウ)」の2017年秋冬コレクション。

白のビッグシャツにハイウエストのボトムス。細身シルエットのコート。とにかく無駄を削ぎ落としたシンプルなシルエットです。

カラーもベージュやネイビーといった落ち着いた色味が多く見られました。

シャツの袖に刺繍された小さな「hope」の文字

そんなシンプルなコレクションのなかにも、レタードファッションで想いが込められていました。

シャツの袖に刺繍されていたのは「hope(希望)」の文字。

メアリー・ケイトが

「ショー会場ではきっと気付かないでしょうね」

と語ったこの刺繍。

シンプルななかで、さりげなく、だけど力強く存在感を発揮しています。

[VOGUE, The Row]

写真/gettyimages 文/浦田昆

こちらも読まれています

・「制限」から解き放たれた女子がしたいこと #sponsored

・トランプ大統領に言いたいことは? レナ・ダナムへ5つの質問

・東京でも感じられる。誰もがもってる感性「Sense of Wonder」ってなに?