「ボイス」チャン・ヒョク&イ・ハナ“真犯人は分からない…私たちも気になる”

写真拡大

「ボイス」のチャン・ヒョクとイ・ハナが真犯人に言及した。

OCN土日ドラマ「ボイス」(脚本:マ・ジンウォン、演出:キム・ホンソン) 記者懇談会が15日午後、ソウル麻浦(マポ) 区上岩洞(サンアムドン) スタンフォードホテルでチャン・ヒョク、イ・ハナ、キム・ホンソンプロデューサーなどが出席した中で開催された。

この日、チャン・ヒョクは「どうして僕が真犯人である可能性は考えないだろうと思う。まだ真犯人の推測は難しい。非常にストーリーをねじらせたからだ。台本を読むと考え直すようになる。見逃したことがなのに『それもありえるよな』と思ったりする。今後どのような台本が出るか分からない。楽しみだ」と話した。

続いて「知ってから演技をすればずっと行けそうだ。今は何も設定できない」と付け加えた。

イ・ハナは「真犯人の正体に関心を持っていただいて感謝する。視聴者たちが周りで話してくれるから、チャン・ヒョクさんとそれに関して話したりもする。私たちも気になる」と伝えた。

「ボイス」は犯罪現場のゴールデンタイムを死守する112通報センター隊員たちの熾烈な記録を描いたドラマだ。毎週土、日曜日の午後10時に韓国で放送されている。